2014 ソチ五輪 男子シングル FP

フリー結果

1. HANYU Yuzuru JPN 178.64
2. CHAN Patrick CAN 178.10
3. TEN Denis KAZ 171.04
4. MACHIDA Tatsuki JPN 169.94
5. FERNANDEZ Javier ESP 166.94
6. TAKAHASHI Daisuke JPN 164.27
7. YAN Han CHN 160.54
8. ABBOTT Jeremy USA 160.12
9. LIEBERS Peter GER 153.83
10. REYNOLDS Kevin CAN 153.47
11. BROWN Jason USA 152.37
12. VERNER Tomas CZE 151.90

総合順位

1. HANYU Yuzuru JPN 280.09
2. CHAN Patrick CAN 275.62
3. TEN Denis KAZ 255.10
4. FERNANDEZ Javier ESP 253.92
5. MACHIDA Tatsuki JPN 253.42
6. TAKAHASHI Daisuke JPN 250.67
7. YAN Han CHN 246.20
8. LIEBERS Peter GER 239.87

ついに日本の男子シングルがオリンピックの金メダルを獲りました。
バンクーバーで高橋選手がメダルを獲った時も長い年月を経ての結果だったので
とても感慨深かったですが、まさか四年後に金メダルを獲れるとは思ってもいませんでした。

三位にはカザフスタン初のフィギュアスケートの五輪メダル獲得という大ニュースがあり、
表彰台の三人は全員アジア系、入賞者八人中五人がアジア圏の選手という新しい時代を
感じた大会になりました。

バンクーバーに続き三人の日本選手が出場、全員入賞という日本男子の強さも
見せてくれました、前回から二人選手が変わってもこの強さ!素晴らしいです。

2014 ソチ五輪 リザルトページ

以下感想
ビチェンコ ISR 114.62
SPではとてもキレのいい動きでしたが、ジャンプに集中した感じで
スタミナがあまり持ちませんでした、四回転以外のジャンプはまぁ
しっかりしていたのですが、もう少し余裕が欲しかったです。

ゴドロジャ UKR 119.54
ジャンプをこらえるシーンが多かったです、これが彼の着氷なんだろうか。
WSSの踊ってるシーンばかりな印象のプロなのでゆったりとしたシーンとの
メリハリが欲しいですね。

マルティネス PHI 119.44
3A高い!決まったジャンプは高さがあり流れの中で決められていて、良いGOEが
貰えました、最後までスピンの要素でしっかり魅せる目の離せないプロでした。
アメリカとフィリピンで練習をしているそうですが、この五輪でより良い練習環境が
整うと良いですね、高いポテンシャルの持ち主なのでこれからが楽しみです。


ケレメン ROU 98.35
後半の転倒などが痛いですね、少し飛び急いだり、スピンも間に合わせようとして
落ち着きのない印象の演技になってしまいました、でもフリーに進めたのは大きな
意味があると思います。

ラキムガリエフ KAZ 110.22
落差の激しい編曲、マフラーを演技に使い始めないか気になりました。
とんでもない軌道で3Aを跳びましたね、力を入れすぎてジャンプがガチャガチャして
しまいました、後半の三連はやはり無効ですね、熱くなっちゃったのかな。

ロマネンコフ EST 78.44
ちょっとタイミングが掴めてないまま演技が進んでしまいました。
物凄い軸曲がってましたからね、クリーンなジャンプが一つもない
ひどい状態でした。

一番胸焼けする第二グループ開始

ミーシャ UZB 135.19
個性的なオバチャンみたいな頭。
全てジャンプは降りることが出来ました、質などは置いておいて
やはり観客を巻き込むコレオステップは素晴らしかったです、フラワーガールも
体を揺らしていましたね。

今回ボーカルによる減点は多めに見てもらいました、五輪だから特別?
でもルール下に従った採点をすべきだと思います、一点で順位の変わる
スポーツですから。でも彼のこういう主張の強い所も良いんですけどね。

ヘンドリックス BEL 141.52
「ラプソディ・イン・ブルー」で黒一色かと思ったら微妙に青み掛かっていた、
ストーンといい衣装が控えめすぎるわ。
後半の流れに乗ってどんどん決めていったジャンプは素晴らしかったです、
今までの選手で一番滑りが良い印象を受けました、PB更新おめ!

アボット USA 160.12
ただただ素敵な演技を見せてくれることを祈っていました、
得点などでは計り知れない伝わってくるものがある演技でした、四回転を外した
安全な構成でしたが自己ベストを更新!笑顔が見れて良かった、ほんとにおめでとう。

アモディオ FRA 123.06
うーむ、ジャンプは八つ飛びましたがコンボ無し、偏ったままのジャンプ構成でした。
どうしてここまで追い込まれてしまったのか、しばらく休むのもありだと思う。

ベルネル CZE 151.90
彼は一回ジャンプが抜けると一気にリズムを崩してしまうので後半は
ヒヤヒヤしました、まぁダブルジャンプに抑えただけ良しとしないと。
四回転のコンビネーションは欲しかったですね、これで最後という話です。

キレキレの彼を見ることは叶いませんでしたが、自身はスッキリした顔だった
ので良かったのかな、本当は思うところがあるのかもしれないけど彼が最後と
決めた舞台ですし。とりあえずお疲れ様でした。

レイノルズ CAN 153.47
いやいやこの四回転三回の構成を二度も決めてくるなんて凄すぎだろ!
回転不足など完璧でなくても最高の技術を求めたプログラムだったと思います。
この挑戦はもっと称えられるべき。

団体戦と比べ技術点は10点ほど下がりましたが表現の面ではかわらず曲の
柔らかさに合ったスケートが出来ていたと思います、風の妖精みたいでした。

メダル争い開始

デニス・テン KAZ 171.04
四回転の軸が素晴らしかったのでいけそうな雰囲気がありました、
ほとんどが質のいいものでしたね、2Aくらいはビシッと決めてほしかったですが。
よい集中の中で復活を見せてくれました、ワールドメダルがまぐれでないこと、本来の実力を
発揮した演技だと思います。

フリー三位で団子状態の銅メダル争いの勝者となりました。

ジュベール FRA 145.93
四回転二回入ったよ!
うん、良い演技でした。今までの勢いで進むプログラムと違い、しっかり一つ一つの
要素を魅せるように作られていたと思います。こだわりを捨てないっていうスタンスは
不器用だけど応援したくなります。

アランフェスのギターの消え入る切ない旋律の終わり方が別れを告げるようで寂しかったです。
お疲れ様でした。

マヨロフ SWE 141.05
ジャンプにオーバーターンが入ることが多かったです、転ばずこらえたのは
意地でしょうか、体力が持つかどうかのところでも勢いは失っていなかったのは
良かったです、もう少し技術点で稼ぎたかったですがPB更新は素晴らしい。

ブレジナ CZE 151.67
4S二回入ったスゲー!!、と思ったら3Aが…確率は良かったのに。
抜けたり転倒もありましたがステップの動きは良いし全体の流れも失っていなかったので
良かったと思います、こういう良い表現が出来るんだからもっと凝ったプログラム作りを
して欲しい。

フリーの得点で仲良く先輩と並ぶ、これからチェコは彼一人で支えていくのかな。

ハン・ヤン CHN 160.54
華やかなワルツとはほどほど遠い堅い表情のままでした、シュールな絵。
本田先生の「幅に上半身がついて行かない」というお話、高さ、幅が十分なはずの
彼が何故失敗してしまうのかがよく分かりました。

これで表現力つけてきたら脅威ですが、表現豊かな彼が思い浮かばない。

町田 JPN 169.94
2014021522450561-1.jpg

四回転綺麗に降りたと思ったのですが惜しかったです、3Aは素晴らしいですが
やはりジャンプの前にやや減速してしまうのがどうしても演技が小さく
見える要因かと思います、でも音楽をよく表現しながら力強く演技を終えました。

全ての試合でそれなりの結果を残してきたし、今大会も五位入賞といい成績を
残しました、ただ銅メダルまであと僅かだっただけに本人も悔しいでしょう。
逆バレンタインは不発だったけど、多くの金言(謎発言)を私たちに残してくれました
成層圏くらいには飛びたてたんじゃないかな。

フェルナンデス ESP 166.94
4S二回は素晴らしい出来!しかし3Sを単独で二回飛んでしまいました、というか
サルコウ飛び過ぎ、案の定ザヤるしこの構成はやめた方が良い。
メダル取れるかの瀬戸際でジャンプ一回無効は痛いかった、これで銅メダルを逃しました。
でも勢いでどんどん加速するスケートは素晴らしかったですよ。

高橋 JPN 164.27
AS20140216000285_comm.jpg

ああぁー良い笑顔で滑ってたよぉー!!
スピンの構成を変え、よりレベルを取りやすく、音楽にも合っているように思えました。
ただレベルは4で揃えることは出来ませんでした、3Aのコンボが認められなかったのも痛い失点、
二点ちょっとしか得られませんでした。ここが決まればメダルもあり得たかもしれません。

怪我の影響はやはりありますが、今までの不安な顔ではなく悟ったような清々しさのある中で
スケートが出来たのは喜ばしいことです、踊り心のある彼らしくバリエーション豊富なプログラム
ですし、見ていて訴えかけるものが大きい選手だなぁと改めて思わせてくれました。

結果は十分なものではなかったかもしれませんが、きちんとメダル争いに加わりましたし、
代表としての役割を果たしたと思います、難しい状況下の中で滑り切ったことを称えたいです。

羽生 JPN 178.64
4Sの転倒は予想できたとして3Fの失敗は意外でした、でも後半安心して見られるのは凄い。
やはりこのプログラムの見どころは後半ですね、疲れも見えベストの時の流れは感じませんでした
が集中を切らさずに常に全力で走り抜けました、鬼がフリル着てるみたい。

シークエンスのサードジャンプが認められないなど今までと比べると惜しい部分の多い演技
でしたが、決めたジャンプは素晴らしいもだったのでリードを守ることが出来ました。


チャン CAN 178.10

4T+3T「これは金いったな」

4T「おっと、でも一回は決めたしな」

3A「あぁ…でも転倒はしてないし…」

3Lz+1Lo+2S「点数のリカバリが効かない…」

2A「…」

彼は「どうしてそこで?」という部分での失敗をよくします、羽生君の隙に付け入ることも
できましたが、それには不十分な演技内容でした。せっかく4T+3Tは満点もらったのに。

転倒が無いだけにステップアウトの減点が少なく済んだかもしれないと思い、羽生君とどっちが
上に行くかドキドキで得点発表を待ちましたが、さすがに技術点は伸びなかったので羽生選手に
軍配が上がりました。カナダ男子、また金獲得ならず。

リーバース GER 153.83
1ミス程度に抑えました!いいよいいよ、慎重さも伺えましたが丁寧な演技でした。
団体戦、最終グループでの演技など多くを得た大会なのではなかったでしょうか、25なのに
大きく成長を見せてくれました、次のユーロでは表彰台狙っていってもらいたいですね。

ブラウン USA 152.37
ストレートラインステップを真横から映すなバカメラ!

全米で見せた完璧な演技が出来ればメダルに届いたかもしれませんが、彼も団体戦があった中で
健闘しました、アクセルジャンプをやり直したとして、最後のループがキックアウトされてしまい
ました、ジャンプ七回分の点数しかもらえませんでしたが構成点は全体の五番目と良い評価を得ました。

これからどんなスケートを見せてくれるのか、世代交代の進むアメリカを引っ張る存在になりそうで
これから楽しみです。

なんだかほとんどの選手が転倒、着氷乱れと中々の泥仕合といった印象です、マイナスも
なく完璧に滑り終えたのはアボット選手一人でしたね、そのかわりショートで大事故でしたが。
水たまりが見えたり製氷が上手くいっていない印象もありますが、どんな環境下でも条件は
みんな同じなのでそこで不平は言えません。

日本人の金はもちろん嬉しいですが、五輪金メダリストの演技というには少し素直に
受け入れられない部分もあります。でも結果はFSだけで決まるものでは無いし、SPで初めて
100点台を出した羽生選手は歴史的にも偉業を成し遂げたと思うので今大会で一番良かった
と言えます。

もちろん彼も今回の演技に満足していないですし、金を獲ってもなお高みを目指していく
姿は頼もしく尊敬できます、またどんなふうに成長していくか、どこまで行ってしまうのか
これからに期待しましょう。

楽しみがある選手がいる一方で今回で舞台を去る選手もいます、Pチャンもなんだが辞めて
しまうような話を聞いたのですがどうなんでしょう、素晴らしい力を持った選手ですし十分
な結果も残してきてはいますがもう少し見たい気もします。貫禄あるけどまだ23歳ですし。

そしてバンクーバーのやらかし三人衆、トマシュ、アボット、ジュベールは今回仲良く並んだ
順位で大会を終えました。アボットはワールドに来るそうですがほか二人は引退ということです。
満足な順位ではなかったかもしれませんが、四年前よりよっぽど良い演技が五輪で出来たと
思います、ジュベールはソルトレイクから五輪に出場していますね、三者三様数々の楽しい
スケートを長く見せて頂きました、本当にお疲れ様でした。

これにて男子シングル終了、参戦した選手の皆様お疲れ様、そしてありがとう!

140217sochi03_001.jpg

soc14021602470008-p9.jpg

aflo_UMQA009549.jpg




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。