2014 欧州選手権 男子シングル

1. Javier FERNANDEZ ESP 267.11
2. Sergei VORONOV RUS 252.55
3. Konstantin MENSHOV RUS 237.24
4. Michal BREZINA CZE 236.98
5. Maxim KOVTUN RUS 232.37
6. Peter LIEBERS GER 225.76
7. Tomas VERNER CZE 223.66
8. Brian JOUBERT FRA 221.95
9. Jorik HENDRICKX BEL 205.92
10. Alexei BYCHENKO ISR 203.76

コフトゥン以外シーズン前半はみんな活躍が見られなかったですがやはり
ユーロになると合わせてきますね、みんな年明けてからが本番なのかな。

バンクーバー五輪のシーズンで欧州の若手が台頭してきた印象ですがこの四年で
特にまた新しい顔が増えたという感じはしないですね、基本20代中盤で回してる
感じがする、このままみんな続けてくれれば平昌五輪の時にはアラサースケーター
がいっぱいに、いいなぁ。

2014 欧州選手権 リザルトページ

ハビエル・フェルナンデス
NHK杯5位 ロシア大会3位 SB230.45




シーズン当初は調子が上がりませんでしたが、しっかりと合わせてきました。
髪を切ったんですね、とても黒々として羨ましい、太眉も合わせてなんか高校球児みたい。
とても綺麗な4Sで惚れ惚れします、ステッピングアウトしたり、演技後疲れた表情をしている
ので余裕をもって決めているわけではないのでしょうが自信を持って飛んでいるのがわかります。

彼らしいコメディっぽい演技ですがもう少しこなれ感が欲しいですね、動きの割に
表情がずっと変わらないように思えるので、変化にとんだ表現が欲しい所です、集中しすぎて
振りが雑になっています。ベストが270点台で羽生&チャンに対し少し遅れはとっていますが、
今は良い演技をすれば今シーズンの調子関係なく良い点が出そうな傾向なので、調整が上手く
いくと良いですね。スペインが1992アルベールビル以来の冬季の五輪メダルを獲るのか注目。

セルゲイ・ボロノフ
フィンランディア杯2位 NHK杯9位 ゴールデンスピン1位 SB245.07




SP・FPともにベストを更新し初めてユーロのメダルを獲得しました。
今シーズンはとても高いスコアラインで安定していますね、以前から積極的に
4回転を取り入れ、今は他のジャンプの要素もしっかりしているのが安定に
繋がっています。ジャンプ構成は前半に固めたり、ルッツ一回、フリップ無しで
少々弱いですが、大技を決めれば十分な得点を稼ぐことができます。

良い演技をしたので何かしらの代表を期待しましたが、どうでしょう。
リプニツカヤと同じコーチにつき、また一皮むけた活躍を見せてくれましたし、
充分に代表に選ばれる力のある選手なのでもっと推されないかなぁ。


コンスタンチン・メンショフ
ニース杯2位 NHK杯8位 ロシア大会4位 SB228.77




大逆転!!

素晴らしいFPでした、4回転を2度含めた構成のジャンプをすべて降りました!
彼は三十路ですよ!同世代のプルシェンコだって最近一つのプログラムで2度決める
ところなんて見ない。2・3年前から4回転を物にしてきたんですよね、それと同時期に
GPシリーズに派遣されるようになりました、良い演技をしても中々活躍の場が与えられなかったり
と不遇な扱いを受けてきたものの、めげずにコツコツとやってくる職人気質な印象です。

異端な曲で面白い表現を見せてくれますが、あまりスケートが伸びるほうではないので
構成点は高いものはもらえません、でも見ていてなんだかもやもやするような(悪い意味でなく)
もう一回見てみようかなと癖になるプログラムを演じますね、このマイムはなんだろうと想像
しながら見るのが楽しいです。

初めてISU主催の大きな大会でメダルを取りました、SP11位からの3位!ほんとにおめでとう
ございます。まだ世界選手権に出場してないのが意外、貴重な三十路スケーターとしてもう少し
活躍を見たいです。


ミハエル・ブジェジナ
カナダ大会5位 フランス大会4位 SB218.32




今まで抜けてばかりだった4Sと3Aがしっかり入りました、とても大きな収穫です。
本人も満足そうで安心しました。

今シーズンは「シャーロックホームズ」で昨シーズンまでのプログラムは「アンタッチャブル」
刑事や探偵ものが好きなのかな、ところどころに見せる振り付けが印象的です、深くエッジを
使ったステップやスピードを殺さないジャンプは見ていて引き込まれます、衣装も良いですね。

一方持ち越しのSPですが、あまり良いプログラムではないと感じます。とにかくジャンプを
前半に固めているし、音楽も無視してしまっているので要素が浮いている印象を受けます、
ステップ部分からやっと音を取り始めたかなって感じ。
彼のレベルならもうちょっと良い表現の演技が出来るのに、ジュニアのプログラムみたいだな
と思いました。久々にチェコ人の4位力を発揮。


マクシム・コフトゥン
中国杯2位 ロシア大会2位 GPF5位




SPでは単独ジャンプが4→2となりましたが、なまじ3回転になるとコンビネーションのジャンプと
被り無効になりそうで危ないですね、できれば4T-3Tが望ましいです。

GPシリーズで調子の良さを見せ、国内選手権でもプルシェンコを抑え優勝しました、今大会で
ある程度の成績を残せば文句なしの代表だったのですが、ロシア人の中で最下位と悩ましい結果
になりました。まだプレッシャーとの付き合い方は慣れていないんだろうなと思います。

FPは冒頭3つのジャンプで高得点を稼ぐ算段ですが、3つまとめてやっと12点ほどでした。
後半のジャンプは頑張ったとは思うのですが、リカバリできるほどの得点を稼げるジャンプ
ではありませんでしたね。

以前のFPの衣装は着せられている感マンマンだったので今回の方がすっきりして良いですね、
ちょっとやんちゃ感が強い彼なので、お坊ちゃんみたいな正統派衣装は似合わんです。
今シーズンの経験でまた一つ大人になれるよ。

ペテル・リーバース
ONT3位 ニース杯4位 中国杯7位 ロシア大会7位 SB217.58




4回転を中々の確率で入れられるようになり、影薄ユーロ男子から一歩抜きんでていますね。
ジャンプを慎重に、確実に決めにいく姿勢が伺えます。武骨な印象ですが物悲しいメロディに
どことなく合っている感じがいいですね。

SPの時計の針の表現なのか腕が常にびーんとなっているのがFPでは気になってしまいます、
ジャンプ後の姿勢が綺麗なのはいいですがもう少し柔らかく肩から使えるようになるともっと
良い雰囲気が出そうですね、ベテランの急成長はとても嬉しい。


トマシュ・ベルネル
ONT1位 ニース杯1位 SB249.79




復活を予期させるいいSPだったと思います、失敗した4回転もFPでは綺麗なものを
見ることが出来ました、やはり彼のスケーティングは他の選手より抜きんでているし、
充分な加点の付くものです、本人の活き活きした楽しい演技にはスケートの魅力が
たくさん詰まっています。会場もとても湧いていました。

それだけにコンビネーションが一回しかない、他のジャンプで確実にリカバリ出来ない
など点数を稼ぐ技術が不安定なのが残念。五輪でキャリアを終えるようですが、最後くらい
びしっと決めてくれ。


ブライアン・ジュベール
NRW杯2位 SB206.50




SPは残念な出来でしたが、FPでは比較的良い演技を見ました、曲もアランフェスでとても
スタンダードなもので、変な言い方ですが(ちゃんとしてるな)という印象を受けました。
モロゾフコーチもついて、スピンも以前より加点がもらえるようになり、他の要素も含め
全体的にブラッシュアップされた演技でした、さすがモロゾフ再生工場。

会心の出来ではないですが、復帰試合と見れば今後に期待を抱かせる出来だったと思います。
過去6回ワールドの表彰台に上り、4回目の五輪を迎える29の彼ですが、どんなキャリアの
終え方を考えているのでしょうか、引退という話はまだ聞かないですが、今の状態ではメダル
候補とも言えません、とにかく五輪で良いスケートを見られることを期待したいと思います。


アレクサンデル・マヨロフ
NRW杯1位 アメリカ大会7位 フランス大会8位




SPのリードを活かしたかったですが、FPはミスが多かったですね。
ステップの音楽との調和がとても良いです、ちょっと変わった選曲が先だって目立ちますが、
民謡などテンポがあり雰囲気のある曲だと彼のリズム感と豊富な動きのパターンが活きて
いると思いました。

FPはフード付きの衣装が気になってたまらなかったのですが、衣装を変えてやっと演技に
集中できました、改めて見てもわからない…。


フローラン・アモディオ
中国杯 6位 フランス大会7位 SB213.39




SPはいい出だしでしたが、3-3が入らず最後のスピンもノーカンでした、もったいない。
最近の不調はどこから来ているのでしょう、怪我もとくにないようですし。
立ち止まって踊ることが多いのがせっかくの流れのある滑りを殺していたのですが
今シーズンは比較的解消されて来ていて良いですね。

FPは冒頭の優しい曲調を険しい表情で滑っているのが気になります、後半どんどん元気に
なっていくのはやはりテンポのある曲の方が好きなんだと感じさせます。こういう編曲
の曲ばかりなので踊れるけれど表現力があるとは言い難い選手ですね。

滑り自体はとても良い選手ですが、いかんせん4Sと3Aが不安定。彼は8つ飛ぶことが
出来るジャンプの枠を大技を決めるため7つしか使っていません、だからこそ確実に
いきたいところですが、彼の失敗ジャンプは抜けてしまうことが多いのでぐんと低い
点数になりFPは20位でした。

サルコウばかりのジャンプ構成も偏り過ぎていて、なんだか未完成のまま五輪を迎えて
しまいそうな印象、ジュベールと同じコーチに変えたばかりなのでもう少し時間が
必要そうです。

ナンデス君二連勝&ベテランロシア勢の初めての表彰台という予想外の
表彰台でした。今大会は女子で二つ、アイスダンスで一つ、ペアで独占と
ロシアまみれとなりました、全員ではないですが五輪に向けとてもいい風が
吹いていますね。

行方のわからないロシア男子五輪代表ですが、プルシェンコの国内でのテストスケート
の結果で決まるみたいです、なんとグダグダな選考、あらかじめ選考基準決めとけばいいのに。
今の雰囲気だとプルに決まる気がしないでもないが頑張ってきたボロノフ、メンショフ、
コフトゥンの立場が無さすぎる、ロシアのスケート連盟ってやっぱ非道…。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。