2014 全米選手権 女子シングル

1. Gracie Gold, Wagon Wheel FSC 211.69
2. Polina Edmunds, Peninsula SC 193.63
3. Mirai Nagasu, Pasadena FSC 190.74
4. Ashley Wagner, SC of Wilmington 182.74
5. Samantha Cesario, SC of New York 173.97
6. Courtney Hicks, All Year FSC 168.68
7. Barbie Long, Illinois Valley FSC 163.79
8. Christina Gao, SC Of Boston 163.03

五輪代表:グレイシー・ゴールド ポリーナ・エドモンズ アシュリー・ワグナー
ワールド代表:グレイシー・ゴールド ポリーナ・エドモンズ アシュリー・ワグナー
四大陸代表:ミライ・ナガス サマンサ・シザリオ コートーニー・ヒックス

全米女子、日韓と同じく女子の枠は最大の3枠です、しかしそれには収まりきらない
層の厚さを誇っている国ですね、というかみんな若すぎ。15~20がひしめき合っています、
平均18歳くらいかな?最年長でワグナーの22歳ですよね。

それに出場者のほとんどがジュニアGPシリーズでメダルを取っている選手ばかりなので
知った名前が多いこと、アメリカは国内選手権はジュニアかシニアかしか選べないんでしたっけ、
すると五輪イヤーに一発狙ってやろうって感じで若い子たちが乗り込んで来たのかな。

実力者ばかりですが中々絶対的な女王の存在というのも近年は現れていません、09,11年優勝の
アリッサ・シズニーは怪我が思わしくなく昨季から休養、今シーズンもカムバック出来なかったので
このまま引退という流れになるみたいです、残念ですね。

それからはワグナー選手が連覇をし、五輪メダルに届くか?というところまで来ました。
けれどワールドの女子の表彰台からアメリカ国旗が消えて7年が経ちます、メダリストが生まれないと
なかなか米女子の復権は難しそうです。

2014全米選手権 リザルトページ

Gracie Gold
スケートカナダ3位・NHK杯4位 SB186.65





SPの音楽をグリークのピアノ協奏曲に変更しました、とても綺麗にまとまった演技だと
思いましたが特に面白味は無いような、前のガーシュインの方が表現出来ていたわけでは
ないけど振り付けなど頭に残りました、点数もスケートカナダで70近い点数を出しており
評価されていなかったわけではなかったと思います。個人的に気に入っていたので残念、↓


まぁ本人が滑りやすければいいか。

FSは衣装を変えて臨みました、「眠れる森の美女」はバレエ音楽ですがジャーン!ジャーン!
って感じで盛り上がる編曲なのでダイナミックな滑りに合うと思いました。
繊細さはもう少し欲しいけれどSPから来る印象を含め洗練されてきた感じがします。

大きな余裕のあるトゥジャンプが彼女の大きな武器ですがセカンド3Tが以前より低く回転が
ギリギリになっているのが気になります、その代りエッジ系ジャンプの安定感が増して
きたのは大きな成長ですね。

GPシリーズでもアメリカ女子でワグナーに次ぐ成績で、初めて全米女王になりました。
男前なガッツポーズを五輪でも見たいです。

Polina Edmunds
JGPミンスク1位・JGPメキシコ1位・JGPF4位 SB171.21





とんでもないダークホースが現れました、今シーズンロシア娘が目立つジュニアGPシリーズで
二勝、ファイナル4位と活躍は目にしていましたが15歳だしシニアに参戦してくるなんて
思ってもいませんでした、それに五輪の年齢制限クリアしていたんですね。

SPのチャチャチャのプログラムはマイベストに入るくらい好きな演技でしたが
ミスが多いのが残念だなと思って見ていたので完成形を見ることが出来嬉しいです、
レイバックスピンのあとの濃いステップの繋ぎから2Aの流れは見ていて気持ちがいいです、
バックエントランスのスピンも上手いですね。

FPで転倒はあったものの綺麗な演技をしました、正直フリーになるとスケーティングの粗
やジュニアのプログラムを引き延ばした感じがあるのでそこまで構成点出すか?とスコアに
驚きましたがジャンプの大きさとスピードのある演技は魅力的、これまでのジュニアの試合で
ノーミスを続けており、いずれの試合も113点、シニアに混じった時にどのような評価を受けるのか。

初シニア国際舞台が五輪という荒川さんみたいな状況。
公式だと164cmだけど絶対それより高い…どのくらいまで大きくなるのか心配です。

Mirai Nagasu
NHK杯8位・ロシア杯3位 SB175.37





今期のSPはとても良い、ミライちゃんもこんなうっとりするような演技が出来るように
なったんだぁとしみじみ感じます。得意なスピンを音楽に合わせ効果的に配置している
プログラムですね、ステップを始める時の観客のおばちゃん最高です。
米女にガーシュインは鉄板ですがその中でも一番のプログラムだと思いました。

FPの007は始めはピンと来なかったのですが全米のあの空気の中でジャンプをしっかり
決めると盛り上がりますね、とても良い演技だったのにエドモンズ選手より低い構成点を
つけられるとは思いませんでした。ただ回転の怪しいジャンプもあったのでそのへんは
プラマイ0なのかなと思います。

全日本を見に来ていたそうで鈴木選手の演技に勇気を貰ったそうですね、全米でも
あのような演技がしたいといき込んでいたようです、バンクーバーから四年間
GPシリーズでも表彰台に乗り続けたり苦戦しつつも頑張ってきた姿を見てきているし
今大会も感動をくれる演技をしたというのに五輪代表から外れてしまったのはとても残念です、
せめてワールドの代表に選ばれても良かったのではと思います、三位ですしエドモンズとも僅差
ですし小塚選手の立場と被ります。

Ashley Wagner
スケートアメリカ2位・エリック杯1位・GPF3位 SB194.37





何試合も手堅い演技を続けてきたのですが全米に来て綻びが出てしまいました、良いジャンプも
あったのですが改善されていたツーフット癖もあったりで調子の谷間が来てしまった感じ、
SPのアウトロー路線、FPの王道路線とバランスの取れたプログラム
先シーズン一度も入れていなかった3F-3Tを全試合で入れてきているのは凄いことです。
ですがどちらももう少しハイライト的な要素が欲しいですね。確かに滑りも良くはありませんでしたが
構成点は大きく下がりました、あんなに安定した活躍をしていたのに。

今回はいつもの全米一発の選考と違い実績も考慮するということで、当然実績でいえば彼女が
一番なので代表入りすることが出来ました、五輪に届かなかった4年前も3位で実力が無かった
わけではありませんが地道に評価を上げて米女を引っ張ってきたと思うと感慨深いですね。
初めての五輪で良い演技を期待したいです。

Christina Gao
スケートカナダ4位・フランス杯8位 SB173.69





始め大技を決め勢いに乗れるかと思いましたが、後半が崩れてしまいました。
今季は特別足元が良くなったわけではないけど繋ぎの薄さが気にならないプログラムに
なったと思いました。冒頭すっごい漕いで勢いから3-3を飛ぶのですが気になったのは
そこぐらい、始めと終わりの何か迫るような曲調に合わせたスピード感のある演技で
要素の展開が早いので間延びしないのがいいですね、振り付けも丁寧にこなしています。

彼女はどのアメリカ選手ともよく仲良くしている印象、明るい性格なんでしょうね。
演技後のワグナーのねぎらいが心に来ます、キスクラでも珍しく涙をする姿が見えました。
総合8位に終わりました。

Ashley Cain
NHT3位 SB162.39



今シーズンネーベルホルン杯で3位になっていました、ペア競技と掛け持ちしているという珍しい選手。
今はペアは行っていないようですが、3F-3Tを入れるあたりジャンプが得意なようです。
SPの良い演技で最終グループに入ったもののFPでだいぶ落ち込んでしまいました。
存在感のある華やかな選手でまだ18、今まではペアでの戦歴が目立っていますがシングルでの今後に
期待が持てそうです。


Rachael Flatt
ニース杯9位 SB130.18



昨シーズンの怪我から復活、全米に出るために予選から勝ち上がってきました。
ルッツとフリップを入れた構成でだいぶ技術を戻してきた印象がありましたがGOEを
貰えるレベルまではいきませんでした、でも相変わらず美しいイナ、イーグルは健在です、
要素をしっかりと音楽の中に溶け込ませた良い演技だったと思います。

良い時も悪い時もいつも笑顔を絶やさない彼女が目を潤ませました、最後と決めて臨む
大会がこの全米で本当に良かったです。たくさんの心に残る演技を残してくれました。

今後は医者になるための勉強を進めていくそうです、最後にまたスケートを見せてくれて
ありがとう、聡明な彼女のことですから素晴らしいお医者様になることでしょう、お疲れ様でした。


トリノの後から出てきた世代も長く活躍してるなぁと思ってもまだ20そこそこなのが
びっくりします、しかし米女子は引退も早いですよね、リピンスキーとヒューズは五輪金獲って
15,16で引退、クワンとコーエンも競技生活を終えたのは25でした。

大学に行きつつスポーツもと文武両道なのがアメリカ選手に多いので、学生のうちのもの
という感じが強いのでしょうか、女子がいい選手になるのは20超えてからだと個人的には
思っているので願わくば五輪を逃してしまった選手も続けて良いスケートを見せて
貰いたいです、選手の皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。