FC2ブログ

2013 全日本選手権女子シングル

2013 全日本選手権リザルトページ

女子シングルの各大会の代表は以下のようになりました。

ソチ五輪代表
・鈴木明子
・浅田真央
・村上佳菜子

世界選手権代表
・鈴木明子
・浅田真央
・村上佳菜子

四大陸選手権代表
・村上佳菜子
・宮原知子
・今井遥

世界ジュニア選手権
・宮原知子
・本郷理華

五輪とワールドの代表を変えてくるかと思いきやどちらも同じでしたね。
今シーズンのワールドは今大会の会場と同じ、さいたまスーパーアリーナで
行われます。五輪で競技を最後にする選手もいますが五輪の成績次第で
ワールドに出てくる選手もいますからね、でも日本人選手は全員出てくるのかな。

今回はなんだか放映される選手が少ない感じがしました、有名無名に関わらず
たくさんの選手を見たいんですけどね、フジは来年から放映権はどうしてるんだろう。
手放してどっか他のとこでやるかBSで粛々とやって欲しい。

以下感想
宮原知子


実に落ち着き払った演技で190越えの良い内容でした。以前のような無機質な感じは無く
冷静に音を拾って綺麗な演技でした、大舞台にも慣れてきた印象ですね。
FPになると前半動きに堅さが見えて良い質のジャンプを飛べない傾向があるようです、
前半のジャンプは減点がちょこちょこ入りあまり伸びませんでした、後半に向けエンジンが
かかった来た印象、フラメンコの艶やかな振り付けにゾクゾクしました。
演技はどんどん良くなっているので年明けの四大陸、世界ジュニア選手権もいい順位が
期待できそうです。

鈴木明子


FPのフィニッシュの振り返りでこちらももらい泣きしてしまいました。
今までどちらか崩れてしまう印象がありましたが、ここに来てパーフェクトを
やってのけるとはただ驚きです。

サルコウが二本と安全な構成で大技と呼べる要素はありませんでしたが一つ一つの技を
しっかり決め地道にGOEを稼ぎました、ノーミスの上完成度の高い演技だったので
これだけ大きな点数に結びつきました、全日本の最高得点ですね。

最後の全日本で優勝ししっかりと五輪代表を手にしました、後輩スケーターにもこの年齢でも
ここまで出来るというところを是非見てもらいたいですね。花開く時期は人それぞれ
違うのですから。

安藤美姫




SPでは今まで見たことのない柔らかい表情で滑っているのが印象的でした。
表現は以前からとても良いものを持っていましたが今回の演技は自然と己から醸し出される
雰囲気がありましたね。3T-3Tは全選手の中で最も綺麗に決まっていたと思います。

FPでは難度の高い構成に挑みましたが残念ながら二本パンクしてしまいました、けどジャンパー
安藤の名に相応しい挑戦です、最後に安藤さんのあの大きなルッツが見られてよかった。
彼女の滑りには貫禄や気高さがあります、大きく力強く美しく飛ぶ彼女のジャンプには
やはり才能を感じます。総合7位と順位を落としましたが演技後には惜しみない
拍手が送られました。

偉大な選手が一人引退してしまいました、寂しさはありますが今季支えてくれた明るそうな
リッツォコーチと幼い頃師事していた門奈コーチに挟まれて祝福されながら涙を流す安藤さんを
見て幸せな競技生活を終えたのだなぁと感じることが出来ました、お疲れ様でした。

今井遥


長い長いトンネンを抜けましたね、本来の輝きを取り戻しました。
柔らかな曲の中でしっかりスピードに乗った力強いジャンプが飛べていたと思います。
今回スケーティングもしっかり評価されて構成点もいい得点が貰えました、四年ぶりに
四大陸選手権へ派遣されることになりました、国際大会でもいい演技をして評価をまた
上げたいところですね。

村上佳菜子


全日本で毎回リンク内外で劇場を繰り広げていますが今年も傑作でした。
やっぱり全日本だと強い!村主さんに次ぎ二代目土壇場の女を襲名すべき。
心配されていたSPでは二年前より情念の籠った演技をしていたと思います、完成度が高い
ものでした、FPも振り付けを変えてわずかな期間でよくここまでと感心します。

四大陸、五輪、ワールドとフルに派遣が決まっていますが怪我なく一戦一戦大事に
戦って欲しいです。彼女も今後が気になる選手ですね、初めての五輪を終えたとき
どんな思いが芽生えるのか。

浅田真央


五輪前最後の試合となるので実戦の中でしっかりと3Aを決めておきたかった
と思うのですが、残念ながら不発に終わりました。これまで3A以外の要素をきっちり
決めていましたが今回はミスが多かったですね、200を超えませんでした。

まぁ代表はほぼ手中に収めていたので五輪で良い演技をするための沈み込みだと
思えば良い結果だったと思います。総合三位、全日本で銅メダルは初めてだったかも。

どんな大荒れの全日本になるか期待と不安でいっぱいでしたが女子はとても順当な
結果に終わりましたね、本郷さんも強さが見え頼もしいジュニア代表ですし、
大庭さんも復活していきなり3Aを組み込んでくるなど衝撃的な演技を見せてくれました、
前向き助走でいきなり飛ぶとかパねぇっす。
木原さんも初めて演技を見ましたが所作の美しい選手で驚きました、太田選手を彷彿とさせます。
病気のことを抜きにしても注目されるべき選手ですね。

毎年楽しみな選手が出てくる一方でどうしちゃったの?という選手もいます。
全日本で毎年良い演技をしてきた西野さんが崩れ、友滝、庄司、藤澤さん
辺りも近年元気がないような感じです、今回出場していない佐藤未生や鈴木春奈
新田谷さんなど楽しみだなーと思った選手の消息がよくわからないと心配ですね、
女子の成長はいろいろデリケートですから難しいです。

日本女子は次世代を探す段階に入っていると思いますが、今の世代が規格外
過ぎるので後に続く世代はそんなに気張らずにそれぞれのスケートを頑張って
欲しいなと思いますしゆっくり見守りたいですね。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。