FC2ブログ

GPシリーズを終えて 日本男子選手

羽生結弦
世界ランキング1位 PB 293.25
カナダ大会2位・フランス杯2位・GPF優勝
シーズンベスト
SP 99.84
FP 193.41
合計 293.25



GPFを世界最高得点で優勝し、五輪代表に王手をかけました。
とにかく高い構成点が彼の強さですね、3Aどちらも後半というのは中々出来ないですから、
スタミナに乏しい印象がありますが他人より難しい構成を持ってきていることも原因ですね。
しっかりと決めることが出来るのが凄いところですが。後は冒頭の四回転サルコウ、
フィンランディア杯から決めることが出来ていません。それでも十分な得点は取れているのが
恐ろしい。
プログラムは二つとも継続、思い入れの強い曲です。FPは編曲は違うけど2シーズン前の
「ロミオとジュリエット」目新しさは特になくSPはイきり具合がちょっと増した感じ、
けれど正直まだ音楽表現が出来る選手ではないので継続するのも一つの戦略かもしれませんね。

ここからどう完成度を高めていけるか、どんな高みまで行けるのかというとこですね。


高橋大輔
世界ランキング3位 PB 276.72
アメリカ大会4位・NHK杯優勝
シーズンベスト 
SP 95.55
FP 172.76
合計 268.31



今まで色々なプロを見せてくれましたがこれが最後なんですね。
SPの狂おしいまでのメロディーは平坦でなかった彼のスケートを表しているようで
見入ってしまいます。それにしてもよく動くステップ、トップスピードから急停止する
動作がカッコいいです、FPのビートルズメドレーですが5曲も詰め込んでいます、
当初はちぐはぐな印象で途中の「come together」のタンゴ調のはいらないのではと思ったけれど
なんか彼らしくていいなと思い始めました。一曲一曲に意味があっての選曲ですから。

アメリカ大会で仕上がりの後れを露呈し少々心配でしたがNHK杯で一気に取り戻してきました。
通年だとGPFあたりから調子を上げる印象なんですけどね、お尻に火が付いたって感じです。
出場を決めたGPFをけがで欠場というここにきて心配な要素が出てきましたが彼は一番実績があるし、
しっかり戦えるスケートを見せたので優位な立場にいるのではと思います。

町田樹
世界ランキング6位 PB 265.38
アメリカ大会優勝・ロシア大会優勝・GPF4位
シーズンベスト
SP 91.18
FP 174.20
合計 265.38



去年から急成長した印象ですが、今シーズンは四回転を高い確率で決めてくるなど信じられない
確変を起こしました。GPSで二勝、GPFでもFPで完璧なスケートを見せ総合四位に入るなど
強さが見られます。ただ上の選手と比べるとスケーティングやジャンプの大きさで見劣りしてしまいます、
細やかな表現はあるけれどまだ縮こまった感じがするのでその辺が惜しい部分かな、スケートの部分、
構成点は世界評価だと織田君に次ぎ四番手の位置かと思います。
去年のような不安定さは感じないので全日本では表彰台に乗れば代表は堅いですね。

強さ以上に目立つのがまっちーのリリカルコメント、哲学王子とか完全にマスコミにもイロモノ扱い
されてしまいました。初めはいつからこんな子になっちゃったんだろうとか引いて見てたんですが
最近ネタ提供要因として愛せるようになってきた、「ティムシェル」という言葉を教えてくれてありがとう。
彼がいなかったら一生知ることはなかった。

織田信成
世界ランキング10位 PB 262.98
カナダ大会3位・NHK杯2位・GPF3位
シーズンベスト
SP 87.34
FP 175.64
合計 262.98



すごく彼に合ったプログラムを二本揃えてきました。ウィリアムテルは絶対彼に合うと前から
思っていたので嬉しい、編曲も完璧です。今シーズン始めのネーベルホルン杯で久々にPB更新など
仕上がりの良さが見えて伺えました。四回転も徐々にとはいえ確率が上がってSP・FPともに組み込める
レベルです、NHK杯の回転不足は厳しかったですね。繰り上げ出場だったGPFではしっかりチャンスをものにし
3位に輝きました、怪我からの復帰で苦戦していましたがトップスケーターに返り咲いた印象です。

彼もいつの間にか二児の父、まったくそんな風には見えないんですが家庭を持つって凄いことですね、
今はすごく充実した時期なのではないでしょうか、また大きな舞台で戦う彼が見たいです。

小塚崇彦
世界ランキング17位 PB 258.41
アメリカ大会6位・中国杯3位
シーズンベスト
SP 81.62
FP 153.20
合計 226.92



股関節の怪我で五輪を諦めるか、手術を回避して目指すかの選択を迫られたんですね、その中での
覚悟のシーズンです。まだ全盛期とまではいきませんですが少しずジャンプの安定感は戻りつつ
あるのかな、SPは今までのこなれたジャズっぽい路線を踏襲しています、7拍子という難しそうな曲、
ただあまり今までの物と差異が無く物足りない、細やかなステップはやはり素晴らしいです。
FPは継続で有名な曲ですが盛り上がりがなくさらっと終わってしまう感じ、ミスがあるときつい選曲
ですね、今の状態だと特に。四回転はなんだか勢いが抑えられないような怖いオーバーターンなので
足に悪そうです、彼は優勝は絶対な上、台に乗っても周りを納得させるくらいの神演技でないと
代表はきついです。

無良崇人
世界ランキング11位 PB 234.18
カナダ大会10位・NHK杯6位
シーズンベスト
SP 79.97
FP 147.25
合計 227.22



日本男子の中で後れを取り立場的に厳しくなりました。カナダ大会での最下位が痛いですね、
FPのプログラムがあまり評価が高くなく去年の「将軍」のプログラムに戻しました。
確かに微妙なプロだったので良い判断です。去年はしっかりと加点の付くジャンプでワールド代表
を勝ち取ったのでチャンスが無いわけではないと思いますが、やはり優勝はしたいところ。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。