FC2ブログ

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2013 *Cute'n ♡ Cute'n Heart*

DSC_0016.jpg


先日はゆかりんライブの初めての会場となるさいたまスーパーアリーナでの公演に
二日間参加してまいりました。ゆかりちゃん祭りには参加できなかったので去年の
11月以来となりとても待ち遠しかったです。

取りあえず金曜日の前日物販から参加しました、目玉商品のねんどろいどを
ゲットしたかったのでなるべく朝早く、といっても始発で行けるくらいの
根性はないし自宅から一時間弱かかるのでできる限りですけどね。

取りあえず着いたのは7時30分、コミュニティーアリーナの入口からもう会場の
脇までぐるっと列が続いていました。多分私の前には1000人位いたんじゃないかな。
11時開始でしたけど少し早まり45分くらいに列が動き始めました。

DSC_0007.jpg


それからちょっとずつですけど進み12時30分頃に購入完了、その時点で売り切れは
無く私も欲しいものは全て購入できました。レジは半分しか稼働していませんでしたが
まぁ進みは良かったと思います。

というかみんなねんどろ二個買いしすぎ、買えるかどうかヒヤヒヤしてましたよ。
そして当日は華麗に開場時間に現地入り、やはりライブ当日は限定品のデッドラインが
早かったようです。

DSC_0011.jpg

DSC_0018.jpg

法被は着ないけれどコレクターズアイテムとして、ペンライトがボタンスイッチ式になって新しくなってました。
二日目も限定Tゲットの為並んだけど疲れた…。

以下はセトリと感想です。
-CCH 初日&千秋楽 セットリスト-

-VTR-
01.Fantastic future
02.パーティーは終わらない
03.You & Me
-MC-
04.さよならをおしえて
05.デイジー・ブルー/エアシューター
06.I.N.G.
07.ラブサイン
-VTR-
08.My wish My love
-MC-
09.つぼみのままで(アコースティック)
10.YOURS EVER(アコースティック)/miss you(アコースティック)
-VTR-
11.Non-Stopping Train/片方だけのイヤリング
12.Don't wake me☆Up/Masquerade Kiss
13.傷つく宝石/Traveling with a sheep
-桃色男爵演奏-
14.だって×2ウキウキ
15.星降る夢で逢いましょう/流れ星ジェニー
16.お気に召すまま/好き...でもリベンジ
-VTR-
17.アンドロメダまで1hour
-MC-
18.Happy Life/チェルシーガール
19.fancy baby doll
20.この指とまれ
21.ラブラブベイビーハッピースター/ラブリィ レクチャー
22.W:Wonder tale
23.Endless Story

-encore-
24.Super Special Smiling Shy girl
25.Gratitude
-MC-
26.もうちょっとFall in Love


今回のライブは今までと違う特色がありました、お城から出たことがないゆかり姫が旅芸人の話を聴き
初めて外の世界へ出て冒険を繰り広げるというお話がショートムービーで曲の合間に流れました。
幻想的な絵本のような雰囲気の中で可愛らしい人形のような格好をしたゆかりんを見ることが出来、
内容もパロディーや笑いありで面白かったです。

舞台のセットも今までで一番大きい会場なのでとても広く、男爵の演奏スペースもゆったりありました。
大きなハートが後ろに下げてあったり、宝塚の舞台のような様々な色に変わる階段などあり
演出にお金がとても掛かっていた印象、貧乏な王国ですが奮発しましたね。

しょっぱなから盛り上がる曲を三曲固めて来ました、ライブで初披露のFfはオープニングには
最適ですね。そしてラップ曲を続け早くもテンションMAXでした、パーティーのラップは昨年の
ライブ以降特別口にしたりしてなかったのですが曲を聞くと自然と出てくるものですね。

めちゃめちゃ嬉しかったのは4曲目の「さよならをおしえて」
ゆかりんが曲名を言った瞬間ガッツポーズをしてしまいました。この曲はイントロで一気に
甘く切ない乙女ワールドに誘ってくれます、CCCのDVDを見て以来長年生で聴ける日を心待ちに
していました、次の曲へ繋ぐ間奏も良かったですね。

そして初日の「デイジー・ブルー」!
さよならから失恋を歌うこの曲の並びは素晴らしいです、この時青のペンライトを振っていた人が
いたけれど、この曲を期待して持ってきたんでしょうか、思い入れがある人が多い曲です。

マイマイで久しぶりのフライング、400レベルからだとよく見えました。
アコースティックコーナーでは千秋楽の「miss you」の紹介で絶叫してる人がいて吹いたw
私も思わず息を飲んでしまいました、アコはライブで恒例になるといいな。

一番びっくりだったのは「Non-Stopping Train」今まで一回も歌われたことのない曲で
始め耳にしたときは「え、まさか・・・」という思いでしばらく信じられませんでした。
同じく固まったのが「Masquerade Kiss」俺修羅の真涼のキャラソンですね、始め新曲だと
思ったけれど途中であれだと気づきました。ゆかりん自身思い入れのあるキャラなので
披露したかったんですね。

「Traveling with a sheep」はとても幻想的なライトの演出も相まって酔いしれてしまいました。
今回の冒険の物語にピッタリな選曲だと思います。「だって×2ウキウキ」からは昭和歌謡なテイスト
が強くなり、歌番組のセットで歌っているような雰囲気でとても楽しかったです。

アンドロメダでは二日目ポップアップの登場を失敗して着地でヘタってしまいました、
その後スモークに埋もれてよく見えなかったけど、照れ笑いが可愛かったです、
くすんだ猫にそのことをいじられている様で爆笑しました。ちなみにゆかりんには保険が
一日15000円かかっているそうです。

そしてここから怒涛の飛び曲、Wwtは爽やかな疾走感のある曲ですが後半に来ると足がキツイ…
「Endless Story」では色とりどりの炎が吹き上がったりアンコール後の最後
「もうちょっとFall in Love」ではメイツと男爵とゆかりんが一列でステップを踏んだり
して広いステージをいっぱいに使って圧巻でした。

なんとなくゆかりんのライブに行くとホール公演の距離の近さやちょっとゆるいMCが
とても楽しく感じるので大きな会場は向いていないと思っていましたが、アリーナクラスも
そこでしか出来ない演出や、お客さんの盛り上がりがあったりしてそれもまた魅力的だと
感じることができました。

セットリストの印象ですが、今回大きな会場で初めてゆかりんのライブに来た方もたくさん
いらっしゃったと思うので代表的なシングルの曲で固めるのかなぁ、と思っていたら予想以上に
過去曲の割合が多かったです。新旧入り混じったこのバランスが個人的には涙が出るほど嬉しかった
のですが新規の方はどうだったのでしょうか。でもこういう機会にゆかりんのいろんなジャンルの曲に
魅力を感じてもらえればいいなと思います。

あと今回の公演は個人的にゆかりんの集大成を見せるような公演になるのではと思いましたが
最後のお別れの初日と千秋楽の言葉、

「初めての1人でのさいたまスーパーアリーナでの公演、色々反省する所はありますが
 新しい1歩になればと思います」

「こんなに大きな会場に立たせてくれてありがとう、いつもふざけちゃって言えないけど
 みんなが連れて来てくれた場所だと思っています。失敗もしちゃったけどもういっかい
 やれたら嬉しいです。」

という言葉になんだかゆかりんの覚悟や目標を持ってライブに臨む意気込みを感じました。
以前は「この時間は永遠に続くわけじゃない」とか少し後ろ向きな言葉を口にすることも
あり、私もゆかりんと過ごせる時間は残り少ないのではと思いながらライブに少し寂しさを
抱えつつ参加していました。

けどとにかく今ゆかりんが次を見据えて挑戦を続けていく姿をこれからも応援したい!
と素直に感じました。ゆかりんの活躍の場はライブだけではないし、私たちに会う機会を
設けてくれている間はこのかけがえのない時間を大切にしたいと思います。

千秋楽で涙を交えて語るゆかりんを見て思わずこちらももらい泣きしてしまいました、
今回終わったあとは寂しさでなく胸が温かくなりましたね。それに寂しさをあまり
感じなかったのは次回のライブの告知があったからだったりする。

9/16(月)祝日 LOVE ♡ LIVE 2013 Autumn *Caramel Ribbon* 横浜アリーナ

最近では珍しい1day開催、ゆかりん的には「one night love」というタイトルにしたかったらしい。
もう次の日にはライブの打ち合わせが始まるそうです、三ヶ月も無いですよ、きっとあっという間
でしょうね、キャパ的にはFC枠なら安全にチケットが取れるでしょうか。

たまアリを大成功させ、今後の活躍により一層期待をしてしまいます。次はどんなゆかりんワールドを
見せてくれるのか楽しみにします。ゆかりん、スタッフさん、参加された王国民のみなさん
お疲れ様&ありがとうございました、またライブやイベントでお会いしましょう!

DSC_0017.jpg
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。