2012 グランプリファイナルinソチ

今回のGPFはソチオリンピックの本番会場で行われました。
なんだか氷が溶けてるとか、アップの場所がないとか、ホテルの環境が悪いとか
色んな悪条件があったようですが、オリンピックまでには改善されていると思います、
いやされてないと困る、そのための試用大会でもあるんですから。

しかしこういった思わぬ条件下でもしっかり結果を出せるというのもすごい、
改めてトップの選手の皆さんを尊敬してしまいます。
今大会に出場した選手の多くがまたこの会場に戻ってくることでしょう。

ロシア陣はシングルの方はタクタミシェワ選手のみ、アイスダンスは二組出場もメダル
に届かず、メダルはペアの金銀だけでした、全競技にメダルを狙える選手がいた頃と
比べてしまうとなかなか厳しい結果ですね、プーチン大統領も観戦に来ていたということ
ですがロシア連盟は危機感を抱いたのではないでしょうか。

五輪会場の工事の風景が見えたりして一年と二ヶ月後にどんな開会式を迎えるのか
楽しみです、豪華なバレエ団が踊り狂ったり、ロシア民謡とか流しまくって欲しいな。

2012 GPF リザルトページ
Daisuke TAKAHASHI SP 92.29

ダイスキタカハシ!
最高のショートで始まりました。キレキレな動きで見てて楽しかったです。
SPで出遅れずPBを更新しました、チャンス到来!日本初のGPF金はあんさんが取るんやで!
そんな思いでガクブルしながら見つめていました。2010年のワールドを思い出します。

FSでも失敗をものともせず二回目で4-3決めるあたりぐっと良くなった点ですね、確率が
試合を重ねるごとに高くなってきてます、そのかわり3Aがちょっと危なっかしくなりました。
「道化師」も衣装が変わりダークな雰囲気がより出てた気がします、前のはちょっと
ちゃっちいというか、わかり易すぎた。でも黒衣装多くなってきましたね、ライサかってくらい。

七度目のGPFで金!長かったなぁ、日本男子は全日本にピークを持ってくることも影響するのか
GPFでは銀ばっかりでした、あと日本に無いのはオリンピックの金だけです!

Yuzuru HANYU FS 177.12

磐石を誇っていたSPでミスは驚きですが80後半は当たり前に出してしまうあたり流石。
FSは4Sが抜けたものの後はまとめました、変なとこで転ばずにいてさえいてくれれば良い。
しかし冒頭のこの4T、GOEがほぼ満点に近づいてます、ジャンプだけでなくスピン・ステップ
もPチャンと同じくらいGOEモンスターです。

Patrick CHAN SP 89.27

SPとFSのどちらも奮わない大会でしたね、FSの冒頭の4回転が失敗して二回目にセカンドが
つけられないと大きな損になってしまうのに何故付けなかったのか、綺麗に決まったように
見えましたが。最後のジャンプをコンビネーションにしてしまったり冷静さを欠いていたのかな
と思いました。

Javier FERNANDEZ FS 178.43

4回転三回!圧倒的な技術点でFS一位、レベルも4で揃えているしほぼ完璧な演技でした、
なかなか達成できる選手は多くないですね、二種飛べる選手も少ないですから。
まだ振り付けが板についてないというか音楽表現が甘い部分があると思うので
そこを詰めたいところですね、ユーロでスペインに初めてのメダルをもたらすことが
期待されます、というかユーロ勢では優勝候補ですね。

Takahiko KOZUKA FS 166.88

まぁいい演技をしたと思うのですが、このメンツと結果だと存在感がイマイチ感じられない。
SPは綺麗に4回転が決まりました、後半にアクセルとコンビネーションを
入れる構成は羽生選手と同じ、ただ珍しくアクセルで転倒、軸が大きく曲がって
見ててもすぐ失敗だとわかるほどでした、珍しい。成功すれば技術点50はもらえるとこでした。

Tatsuki MACHIDA FS 128.05

衣装がパワーアップ。
前二戦の勢いそのままにというわけには行きませんでした、意気込んでいただけに残念
でしたがこれでまた成長が期待されます。4Tの確率がすこぶる悪いのでまだ実践に投入
するには早いような気がしますが、これだけ周りにバンバン飛ばれちゃしょうがないですね、
全日本での活躍に期待です。

しかし男子は数年で次の次元の戦いの世界になってしまったんだなぁとしみじみ、
みんな若いのにもうこんなに完成されてきちゃっていいの?
そんな中でもベテランがやってくれたのは大変喜ばしい結果であります。

Mao ASADA FS 129.84

「腰痛がある中でどれだけできるか試してきな!」と佐藤コーチに諭されたそうですね。
目立ったミスはサルコウのみ、飛ぶ前に引っ掛かりましたがよく二回転にしたな
という感じ。ステップは今までの中でも特にキレッキレに見えました、気迫が伝わって
きましたね。
イーグル→背面ジャンプ→スパイラルの流れなんかは特に秀逸、なんていうか見たあとの
満足感が半端ないプログラムです、NHK大会の悪いイメージを引きずらず良かった。

あとは得点源となる大技の安定化ですね、フリップとセカンドトゥループの回転不足が
無くなれば拮抗してきた他選手に大きくリードできます、それはシーズン後半戦に
期待しましょう。久々に大きなタイトルを取りました、おめでとうございます!
重要な全日本に向け今は大事をとってもらいたいです。

Ashley WAGNER FS 115.49

こちらもあまり見ないミス、自分でも驚きのミスでしたね。
2Aの転倒はお腹から股関節のあたりを打ってしまったようで心配です、
きちんと演技に戻って後の要素もきちんとこなせていたのは良かったですね。
できれば2A-3Tに挑戦してみて欲しかったです、調子が上がらなかったのでしょうか。

今回の大会でわかりましたが構成点はコルピさん、鈴木さんより一つ上の立ち位置に
なっているんですね、振り付けや印象の点の評価が高いようです、確かに魅せ方の点でも
今季彼女はレベルアップしたようにも思います。

Akiko SUZUKI SP 65.00

SP・FS通してフリップ中心の構成になりました、ルッツは抜けたりせっかく決まっても
エラーをもらってしまう確率大なのでこの方が安定してると思います。
FSはあまりない失敗で驚きです、荒川さんも思わず悲鳴が。勢いは失っていなかったと
思いますが少し気合が空回りしたでしょうか。けどSPで出遅れなかったことは大きな収穫です。

Kiira KORPI SP 63.42

SPではギリ3-3が入った?と思ったらやはり回転不足でした、けどいい形で
まとまったプログラムでした、
FSはちょっとミスが目立ちました、初めてのGPF出場で初メダルとまではいきませんでしたが
彼女のシーズン前半戦としては上々ではないでしょうか、ユーロではコストナーさんと
いい勝負ができると良いですね。

Elizaveta TUKTAMYSHEVA FS 117.14

FSはよく頑張れていたと思うのですが、そこまで構成点はもらえませんでした。
要素をこなすのに終始してしまったのと演技の大きさがこのメンツの中では劣って
しまうのが影響してしまいましたかね。

ロシア代表としてただ一人頑張りました、結果にも表れているようにロシアっ子の中では
今一番実力が安定しているし、構成も高いレベルをキープしているので是非頑張って
今後の大会の代表に選ばれて欲しいですね、今シーズンのロシア選手権はこの
ソチの会場で行われるそうです。

Christina GAO FS 105.98

リプニツカヤの欠場により繰り上げ出場となりました。
FSでは3F-3Tに挑み降りましたが少し回転が足りなかったです、でもナイスチャレンジ、
FSの方は自信を持って取り組めているように見えます、後半は失敗する気配がありません。
今シーズンは米女に元気があって嬉しい、5人の選手が表彰台に上がったんですね!
スポンサーサイト

コメント

送付状 #-

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

2013年02月12日(火) 12時32分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。