2012 GPシリーズ NHK杯

今回は宮城の利府での開催、宮城セキスイハイムアリーナで行われました。
奈々さんが前回のツアーで行ったとこですね、仙台からのアクセスが大変なんだとか、
でも大きくて良さげな会場ですね。

今年から我が家はBSが入ったのでNHK杯を最初から最後まで生で見ることが出来ました。
まるで会場にいるかのように楽しめました、もちろん生観戦はそれでしか味わえない
醍醐味がありますが。

初めて生観戦したのが4年前の東京で行われたNHK杯でしたね、その時は女子で表彰台
独占したりと感動でした。来年はまた東京だそうなので出来たら行きたいな。

男子では村上選手が悪くしていた肩が悪化して途中棄権となりました、生なので
緊迫感がこちらまで伝わって来ました。無理はいけませんから、早く良くなって
ほしいです、全日本まで間に合うでしょうか。

女子はシズニーさんの変わり?(ポリーナ・シェレペン選手でしたね)でミライちゃんがin
急遽でしたがとても良い成績を残しましたね、素晴らしいです。
アジア系女子の強さが際立った大会です。

2012 NHK杯 リザルトページ
Yuzuru HANYU SP 95.32

なんかまた進化してるSP、大歓声です、パリの散歩道の不良のイメージでしょうか。
FSも鬼構成でした、今回は少しコントロールは出来ていたかな、と思った矢先スピンで転倒。
4回転二本と3A二本は形になりそうだし悲壮感もなく終えられたのは良かった、
GPFでPチャンにどこまで迫れるか見ものです、故郷に錦を飾りました。

EXの指田郁弥さんの「花になれ」を使っていましたが、先週のタモリ倶楽部の鉄オタ回
指田さんが出ててなんかタイムリー、夜行列車が好きなそうな。

Daisuke TAKAHASHI FS 164.04

3Aの調子が悪いですね、4回転一本綺麗に降りれたのは収穫、
始め見たときは彼にしては普通でちょっとつまらないプログラムだと
感じていましたが、最後まで神経が行き渡っていた感じ、今回ので完成系が垣間見えては
きましたがコレオシークエンスがなんか物足りない、もっとねちっこく荒ぶるステップが
魅力というか彼の見所だと思っていたので。

Ross MINER FS 161.96

いつの間に日本でもおなじみになりました、時々ロゴジンさんと被る。
4S決まった!マイナーさんはどんどん上達している感じ、最後までスピードもありました。
トップ選手に続いているだけあります、米若手の中でも一番元気があるんじゃ
ないでしょうか、全米勝ち抜いてどんどん大舞台に出てきて欲しい選手ですね、
EXでは仙台Tは着ませんでした。

Javier FERNANDEZ SP 86.23

コーチの代わりにぬいぐるみを置いておくといいよ!
一見ノーミスでしたがレベルやステップの加点部分で日本勢の後人になりました。
FSは3Aなしで4回転もあれだと表彰台はキツかったです、本来の軸でなかったし
持ち直せませんでした。簡単とは言っていたけど練習と本番は全然違うんですね。ギリGPF進出です。

Kevin REYNOLDS FS 146.06

応援が大きい、みんなチャッキー大好きなんやな。
決まったジャンプと決まらないジャンプがはっきり分かれました。後半4回転を
入れる構成は彼とフェルナンデスくらいですかね、それだけ難しいことなので
なかなか決まりませんが成功を期待したいです、体も大きくなって身のこなしが
どんどん良くなってますね。

Sergei VORONOV FS 144.85

中国杯から安定感があり良いですね、モロゾフコーチなのでつなぎが薄いですが
綺麗なジャンプが確実になりましたし自信もついてきたみたいでなにより。
ルッツ無しでも4Tと3Aのおかげでまぁ高い技術点をもらいました。ロシア代表として
頼もしい一人になりました。

Adam RIPPON FS 142.58

SPのトゥーランドット、変なギターアレンジver辞めたんですね、そのほうが良い
4回転のない構成は寂しいですがもともと3回転で綺麗にまとめる選手でしたから。
それでも一時期安定したかな?っていうアクセルがまた不安定ですね。

有名なラファエルコーチですが久々に見ました、レベルアップした演技を期待しましたが
助走が目立ったりスピンが音楽に合ってない感じであまり表現力を感じなかった、ジャンプに
集中しすぎた感が強いです、というかアップテンポの曲が合ってない印象。


Mao ASADA SP 67.95

SPでフリップに高さが出て回転がしっかりし、久々にSPで高い得点を得ました。
FSでは回転不足を恐れて構えすぎた感がありましたね、転倒は無かったし
2回転になったジャンプはあれど点の高いコンビネーションはクリーンだったので
大きくは落ち込みませんでした。

構成点が演技の印象が印象だったので思ったより高く出たと思いましたが、
最後までスピードも落とすことなく、キレもあったので60以上は
コンスタントに出ても良いプログラムですね。

Akiko SUZUKI FS 126.62

テレビの前でスタオベしてしまいました!
ルッツ二本久々に決まりましたね、エラーなど3Loの回転が惜しいのですが
クリーンな印象の演技です。振り付けでも鳥感が増しました、最後のコレオシークエンス
なんてもうこのままどっか飛んで行くんじゃないかって勢い。

SPでルッツ失敗し「あぁー・・・」でしたが3-3は成功するなど、収穫も課題もあった
大会だったと思います、素晴らしい追い上げで二位、GPFを決めました。

Mirai NAGASU FS 115.50

中国杯に続き安定しています、今のコーチとの相性が良いのでしょうか。
アンダーローテーションが惜しい感はまだありますがそこを除いて
よく調整されてると思います。ちよっとFSは音楽が単調すぎてどこに
クライマックスがあるのかわからないまま終わってしまうのは残念。
アメリカは調子の上がってきた選手が多くて全米は面白くなりそう。

Elene GEDEVANISHVILI FS 99.46

またまたFSはまとまらなかったですが前大会より一歩前進、
構成点が貰えるようになってきましたね、FSはJOのようにもっと
音楽と動きがシンクロして欲しいです。勢いに任せてジャンプ軸がぶれちゃう
ところが気になるのでもっとコントロールできると良いですね。

Ksenia MAKAROVA SP 58.93

とても素晴らしい出来だと思ったけれどループのアンダーローテーションが痛かった、
前大会と似たスコアでした。演技項目もすべて7点台に乗せたり評価も高いです、
それだけにFSの失速具合が寂しい、高難度ジャンプを外している代わりに
手堅くまとめたいとこです。

Haruka IMAI FS 97.32

SPはとにかく自信がなさそうでした。FSはしっかり集中してるように見えたの
ですが、始めこの音楽では滑れないと感じたそうですね、確かに難しそうです。

去年の「無言歌」や今回のFSのように柔和な音楽が合ってるとは思いますが、
彼女のスピード感のある演技なら色々なジャンルをこなせるとも思うので
レベルアップのプログラムとして取り組んでいってもらいたいです。
東日本選手権も優勝したのですし全日本で堂々とした演技ができるといいですね。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。