2012 GPシリーズ スケートアメリカ

今年も開幕はアメリカ大会、日本人が女子が一人なのに対し男子は三人、
そしてこの結果ですよ!アメリカ大会はもともと日本人の優勝確率が高いですが、
ついに独占までしてしまうとは・・・日本女子より面白い事になってきそうです。

アメリカ女子も久々に地元で優勝者が出て二人も表彰台に乗ったりとこれで
また人気が戻ると良いですね。

2012 スケートアメリカ リザルトページ
Ashley WAGNER FS 127.76

ハッとさせられる鮮やかなお衣装、「サムソンとデリラ」のバッカナールで始まり
バッカナールに終わるプログラム・・・面白い編曲ですがちょっと見所に欠けるかなという
印象、バッカナールは後半にかけていかにワー!っと盛り上げられるかが鍵な気がするので
ステップで止まってしまったり、せっかくのスパイラルも曲想に合ってない気がして
不完全燃焼です。もうちょっと構成いじれればいいのになぁ。

Christina GAO FS 117.62

素晴らしい!ワンミスありきの選手と思っていたのですがまったく危なげなく
演技を終えましたね、三連決まった時のドヤ顔良かったです。
ただ助走が長くつなぎが少ないのがPCSの評価に如実に出ていますね、まずは
ジャンプ重視のプログラムで自信をつけ、評価を上げることを目的にしてるの
かもしれません。

Haruka IMAI FS 107.82

怪我明けで本調子ではない中で元気な滑りだったと思います、本人比で
ジャンプにとても高さが出てきた印象です。
FSはミスを最小限にまとめ、大技はありませんでしたがスピンのレベル認定も
厳しくなった中で50後半の技術点を出すことができたのはなかなか良かったのでは
と思います。モーツァルトの上品な旋律が彼女の雰囲気によく合います。

Valentina MARCHEI FS 104.78

ルッツ二本入った!スピンレベル取れなさすぎだけど演技自体は
勢いがあり、コケティッシュな作品を良く表現できていると思います、
演技点にも7点台がありしっかり評価されていて嬉しいですね。
それにしても有香さんマルケイさんに超懐かれてる、微笑ましいですw

Sarah HECKEN FS 85.98

ヘッケンちゃんがしっとりとしたプログラムを!
去年はあまり姿が見れなかったので嬉しい、パッとした笑顔は健在でした。
単独の2Aでのフィニッシュを予定してたはずですがコンビネーションを
一つ入れられなかったのでねじ込んできました、点取りには貪欲でないとね。

Takahiko KOZUKA SP 85.32

カッコイイ!
彼はリズミカルだったりダンサブルなSPが続いていましたがイマイチ
乗りきれてない感じがしていたので今回の選曲はグッドだと思います。
硬派なイメージを固めたほうが良さげです。
衣装もシンプルで良し、FSの衣装も同じでも違和感なさそう。

Yuzuru HANYU SP 95.07

GPS初戦でえらい得点が出ました。今季からのSPでの後半ボーナス点をフルに活用
するとこんな点数が出るんですね、彼もこのルールありきの歴代最高点だと謙遜
してましたが、SPでも後半に3Aと3Lz+3Tを入れ、安定して飛べるのは彼だからこそ
だと思いますよ。

FSはものすごい変わり様、ズタボロです。もうなんとか最後まで滑ったという
感じです。4回転二本でしかも転倒しちゃうと体力も厳しいですよね、
あまり昨季のプロと代わり映えはしないですがレベル的にはアップした内容に
挑戦しています、真価はNHK杯で問いましょう。

Jeremy ABBOTT SP 77.71

超カッコイイ!
スパイコス似合いすぎ。失敗があっても全然楽しめます、いやもちろんミスは痛いのですが
それだけエンターテイメント性が高いと思いました。ここまで小芝居の多いプロも
珍しい、流れや勢いのある中でやっているので見ていて気持ちいいですね。

ちょっとがっしりとした感じ、その影響かはわかりませんがFSではジャンプがガタガタでした
こんなハの字眉のアボも久しぶりですね。ライサやジョニーが復帰予定の今季、
アメリカ男子として負けられない厳しいシーズンになりそうですが頑張って結果残してもらいたい
です。

Tatsuki MACHIDA SP 75.78

つかみようの無い音楽を使ってよく滑れています、彼はプログラムをモノにするのが早いですね。
ランビ振り付けなのかぁ、振り付けにちらちらと面影が見えるのがなんともいえません。
大技はまだこれからですが3Aがとても綺麗なので安定して決めていけると力になりますね。
初表彰台おめでとう!


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。