NANA MIZUKI LIVE UNION 2012 千葉公演

DSCN1932.jpg


先日行ってまいりました、6月から始まっていたツアーですが私は千秋楽の
千葉公演のみに参加、久しぶりだと思ったら去年のLIVE CASTLE以来なので
9ヶ月ぶりということに。残暑も厳しいこの時期に素敵な夏の終わりを
体験させてもらいました・・・

会場はQVCマリンフィールド、野球に使われている会場で幕張メッセの近くです。
私の席はスタンド二階の上の方であまり期待してなかったんですが着いてみると
海まで見える天空席!日が暮れると対岸の街の灯りも見えてとてもロマンティック。
夏の雲が流れる快晴でステージも正面あたりなので中々の良い席でした。

しかし三塁側でまだ西日が当たりまくって暑いの何の、しかも眩しい・・・
西武ドームライブも暑かった記憶がありますがあちらは半野外で屋根はありましたから。
当日は曇り予想で直前まで雷も鳴っていたというのにびっくりするくらい晴れてました、
雨合羽や折りたたみ傘、防水ブーツまで履いていきましたがすべて無駄になりましたw

奈々さんの晴れ女伝説恐るべし・・・奈々さんLIVEにはもう雨具は持って行きません。


以下はセトリと感想です。
 NANA MIZUKI LIVE UNION 2012 -千葉公演- 

01.  POP MASTER
02.  時空サファイア
03.  Love Brick
04.  76th Star
05.  SUPER GENERATION
06.  METRO BAROQUE
07.  Bring it on!
08.  ROMANCERS' NEO
09.  天空のカナリア
10.  chronicle of sky
11.  PARTY!PARTY!
12.  DISCOTHEQUE
13.  絶刀・天羽々斬
14.  Brand New Tops
15.  Synchrogazer
16.  NEXT ARCADIA
17.  BRIGHT STREAM
18.  Sacred Force
19.  ETERNAL BLAZE
20.  Justice to Believe
21.  宝物
アンコール
22.  FEARLESS HERO
23.  ONE
24.  星空と月と花火の下
25.  POWER GATE

開演の音楽が鳴り始め歓声があがると上空にスタジアムを舐めるように
ヘリが飛んで行きました、ここで「あっ今日空撮してるんだ!」と気づき
高まりました。

そしてポップマのイントロの飛ぶタイミングで50mの水が吹上げ
しょっぱなから最高潮、アリーナの人ビショビショだったろうな。
76th Starは懐かしいというか、貴重なカバーソング枠ですね、
最近知りましたがライブで聞くとなんだか新鮮、ダンスが可愛かったです。

スパジェネはまた早い段階で来ました、夕刻の時間でまさに歌詞通り
茜色に染まる中で聞くスパジェネは良かったです。
メトバロからカナリアまで重厚な曲が続きます、
バイオリン担当の門Dさんが新たにチェリーボーイズとして参加されました。

そこからチームヨーダの紹介Vでしたが、ここの奈々さんの歌っていた
曲がとても可愛らしかった、LIVE CASTLEでもこんなふうにオリジナル曲で
紹介Vがあったのを思い出しました。

そこからダンス曲にいくのがいつもの流れですね、chronicle of skyは
中でも自分の大好きな曲、見てると癖になる振り付けです、MP吸い取られる。

天羽々斬に行く前に、まさかのトム君の操作ミス?で曲がフライングw会場が湧きました、
「ノイズが出現しました!早く翼さんをの魂を降臨させなければ!」

Synchrogazerの前にはショートムービーが、封印された船を
そしてイントロとともにステージからアリーナ後方まで120mのフライング!
そしていつの間に出現した船「union star号」に着地、QVCの広さだからこそ
できた演出ですね。

ブラストからのなのは曲攻め!ジャスビリまで突っ走っての宝物、
やっとホッと一息つけました、奈々さんのバラードの中でも「あの日夢見た願い」や
「7月7日」など一級品に肩を並べる曲ですね、初めて生で聞けました。
散々飛ばせておいてしっとり締めるというライブの構成は大好物です、なのでそろそろ
私の好きな「ひとつだけ誓えるなら」を歌っては頂けないか・・・。

アンコールから爽快感のある新曲「FEARLESS HERO」
「ONE」は各地のゆるキャラとコラボしているらしく今回はちーば君が登場、ちょこちょこ
歩く様が可愛かった、登場時足を引っ掛けてしまい吹いてしまいましたw

あたりもすっかり暗くなって
「星…見えてるかな? チラホラ見えてる?」
と空を見上げる奈々さん、ここでぴったりの曲、「星空と月と花火の下」を
披露してくれました。この公演だけの特別バージョンみたいでした。

野外という素敵なシチュでこの曲は中々来るものがあります、ここで花火まできたら
最高だろうなぁとか思ってたら二番サビに差し掛かったところで「ヒューードドーン!」
周りからは思わず歓声が、私も思わず「凄ーい!」と声を出してしました。
クライマックスでの連発は最高でしたね、一生忘れない光景とシチュエーションだったと
思います。ちなみに奈々さんの位置からは火の粉しか見えなかったみたい・・・

しっとり終わるのは水樹奈々らしくないということでパワゲで〆、やっぱこの大円団って
感じの終わり方が好きです。再びUNION STAR号でアリーナ外周を一周、
男の子!女の子!とコールを煽っていましたが女子の声が大きかったです、
私の周りもなんか半分位いるんじゃないかってくらいの女子率で驚きました。

最期のプレゼントバズーカではチーバ君のぬいぐるみを吹っ飛ばしていたみたいです、
そしてインストで流れていたLove Brickに合わせて再び歌いだす奈々さん、
途中退場していたお客さんが立ち止まる様が面白かったです。

今回はホント攻め曲ばかりになりました、バラードのレギュラーは「宝物」のみ・・・
ずっと疾走感がある感じだったのでいつもより終わるのが早く感じました、でもしっかり
25曲は歌ってるんですね。

その反動か、次回のライブはオーケストライブ第二弾決定!会場はたまアリ、再び
燃える指揮者藤野さんにOKを頂いたそうです!次はしっとりしたの多めで聞きたいなと
思うけどそんなのお構いなしに熱いライブになるんだろうな・・・
スマギャンのネット局拡大や2012年12月12日には9thアルバム発売など嬉しい知らせが
たくさん舞い込んできました。

奈々さんのライブはライブというよりショーになりつつありますね、お客さんに
魅せることに徹底しています、乗り物に関してもどんどん期待に応えて
でかくなっていくし、曲を出すペースが早いので曲の新陳代謝も早い、お客さんも
どんな風に盛り上がるかか楽しみになりますよね。新しいLIVEの形が出来上がりつつ
あるなと感じました。

DSCN1936.jpg

ありがとう千葉!野外ライブって良いもんですね!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。