FC2ブログ

2012 世界ジュニア選手権

ベラルーシで行われたJr世界選手権、日本は男女ともメダルを
獲得できず、枠も2枠に減らしてしまうという結果でしたが
全体的にレベルの高い大会だったので日本選手も善戦していたのではと
思います、みんなSPでの出遅れが惜しい感がありました。

2012 世界Jr選手権 リザルトページ
女子シングル

Julia LIPNITSKAIA


スゲー、今季ジュニア負け無し、とんでもない安定感です。
去年のソトニコワを見てるようです。
鋭いジャンプもさることながら、レベル取りもしっかりしている
部分が恐ろしいです、それに加えあの柔軟性で加点モリモリですからね。

13にして自分の演技を魅せるアピールにも長けているのでパフォーマンス
の項目で高評価をもらっています、正直隙あらば柔軟性をアピールする
ポーズは音楽に溶け込まないししつこいので好きではありませんが
そこの洗練さはまぁこれからってことで。

またソチ五輪ロシア代表候補が出てきちゃいましたよ、逆にこんなに出てきて
どーするんだ。

Gracie GOLD


アメリカ!ブロンド美人!ゴージャスな名前!
人気出そうな選手ですね、ジャンプの迫力が半端ないです、2Aとかどこまで
飛んでくの!?って思います。

スピンも姿勢がいいですしステップもよく動けているのでオールラウンダーな
タイプですね、加えて高難度ジャンプ、とくにトゥ系ジャンプが凄いので
シニアにあがっても活躍できそうです、ただ体型が今の時点で結構立派なので
太らないことを願います。

スピードを意識しすぎて音楽はもうBGM化してしまっているので
もう少し表現面が磨かれることを期待したいです、アメリカのフィギュア人気回復の
立役者となれるのでしょうか。

Adelina SOTNIKOVA


SPでは単独ルッツが課題なので、目玉である3Lz+3Loは外し、3T+3Tできました。
最後のスピンでバランスを崩し点数に大きく影響しました。

FSではエッジエラーをもらったものの、高さのある3Lz+3Loを決めてきました、
しかしまだスタミナ面に自信が無いのか、コンビネーショーンを前半に固めています。
後半のジャンプもミスが多かったです。

去年ほどの安定感はありませんでしたがそれに増してプログラムが難しすぎたと
思います、ヘンテコ過ぎて本人も最後まで滑りこなすことが出来なかったのでは。
なんでも踊れる器用そうなタイプには見えないので、王道プロである程度
音楽に助けてもらった方が良いと思いました。

来期はシニア完全移行かなぁ・・・

Satoko MIYAHARA


日本人最高位、すごい活躍でした。
強敵揃いのなかトップ3にきちんと次いで結果を出しました。

せっかく大技を決めているのにまだ身長が低いせいか迫力に欠けて
しまっていますね、それはまだ13歳だし仕方のないことですが、成長してから
せっかくのジャンプにどう影響があるか心配です。

プログラムの完成度は高いですね、上の3人に負けないどころかそれ以上だと
個人的には思います、振り付けやつなぎも凝っているし、この歳でここまで
出来るのは本当に凄い、ロシアっ子に充分対抗できる逸材ですね。

4位入賞おめでとう!

Zijun LI


かわいらしい子です、ジュニアらしくてなんかホッとする。
SPでは安全策なのかフリップからの3Tでなく3T+3Tを狙ったのかな、
結果的に3+2になってしまいましたが。ルッツもエラーがついてしまうので
コンビネーションはばっちり決めたいところです、ただスピンでのレベル取りが
上手いのでそこまで落ちることはありません。レイバックポジションがとても綺麗。

FSはドラマチックな曲調で、もうすこし演技に厚みがあるといいなと思いました、
あとスピード感を出すことですね。二つ目のコンビネーションでGOEでマイナス扱いに
なっていないのは疑問でした、ジャンプ自体は高かったからなのか・・・。

Miu SATO


SPでのコンビネーションの失敗が痛かった、せめて第三グループには入りたかったです。
FSでは全てのジャンプを決めましたが、ふんばって着氷した感じが強かったからか
高さのあるジャンプなのにGOEが付きにくかったですね。

リアルルッツを跳ぶし得点の高いコンビネーションを二つ後半に入れたりと構成は
トップクラスです、それだけに演技点の低さが惜しい、スピード感がよく出ているのに
ちょっと評価が見合ってないんじゃないかと思います、来期はJGPSから活躍をもっと
アピールしていけるといいですね。

Risa SHOJI


SPでがっつり回転不足を取られてしまいました、そして練習中にもともと痛めていた
左足が悪化してしまい、難度を落とした構成で挑みました。
結果は20位と去年5位でJGPF二年連続出場の実績がある彼女にしては悔しい結果と
なりました。

練習中に涙する場面があったり、とても辛い心情だったことがうかがえますが、
今できる範囲でベストを尽くそうと決意し、決して満足のいく出来でなかったにも
関わらず、演技後見せた笑顔に彼女の強さを見た気がします。

途中の転倒なんかすぐ演技に戻れそうな失敗じゃないのに、早い足の回復を
お祈りしています。課題のレベル取りもレベル4が一つもない状況と比べれば
しっかり取れて改善の兆しも見えた大会でした。

ジャンプの質を上げたり、レベル取りを安定させたりと、来期は細かい所を
詰めていく必要がありますね、ユース五輪出場など今期は忙しいスケジュールだったと
思います。とりあえずお疲れ様です!

今回もロシアの新星に注目の集まった大会で、結果もある程度予想されたもので
サプライズはあまりなかったですね、6位のシェレペンさんは今16といい年齢ですが
3年連続の出場で結果や演技があと一歩というかんじだったのでなかなか厳しそう
です、シニアに行くもジュニアに留まるもライバルがいて大変そうです・・・。

ガオやヨシはシニアとも両立しつつ順調に経験を積んでいるように見えます。
アジアも日本人の独壇場ではなく、中国から有望そうな子が出てきました、
キム・ヘジンも五種のトリプルを取り入れたりポテンシャルが高そうです。

カナダのオズモンドもシニアに負けない雰囲気を持った選手、国内選手権では
SPで一位だったんですよね、カナダのホープになるといいなぁ。

男子シングル

Han YAN


ものすごい幅跳びジャンプ、全選手の中で唯一4回転を決めました。
スピード感と大きなジャンプはチャン選手を思わせます、SPは
どこら辺がワルツなの?という感じで、気持ち良いほど技術に特化した
選手だなと思います、あとSPとFSの衣装同じ?

ナン・ソン選手も出てきて中国男子、というかシングル始まったな!
優勝おめでとうございます。

Joshua FARRIS


とても正当派な演技です、衣装や身のこなしも北米の悠々とした感じが見うけられる
選手。ジャンプもそつなくこなしますがスピンの姿勢なども綺麗です。
しかし正当派でベタ過ぎる選曲、ジュニアのうちはこれぐらい表現は音楽に助けて
もらって技術を頑張る方が上に行ける感じもします。

Jason BROWN


なんかおもしろい子キター、手足を優雅使い魅せる演技ができる選手ですね。
ところどころに面白い動きが有り、ジャンプの入りと出もこだわって居ます。
3Aがまだプログラムに取り入れられてないのでトップクラスの構成では
ないですが、演技は一番魅力的に映りました、ミスもなくクリーンな演技を揃え
銅メダルに輝きました、おめでとう。

Keiji TANAKA


パーフェクト!凄い演技でした、FSの順位は5位とSPの出遅れが惜しかったです。
ルッツを二回入れたり四回転が入ればシニアでも十分やって行けそうな
しっかりとした雰囲気を持つ選手です、成長がとても楽しみ。

Ryuju HINO


すごくよくジャンプが決まっていました、マイナスが付いたのは初めのコンビネーション
のみ、スピンステップのレベルがもう一声欲しかったですが全体的には素晴らしかった。
あとは演技面ですね、ちょっと表情や動きに感情が入ってないのでもっと
余裕が出てくればいいのですが。あと衣装もうちょっとどうにかできただろ。
最近知ったけどロシア人を父に持つハーフなんですね、ケント君はフランス人との
ハーフだし、日本代表にも異国の血が流れる選手が出てくるとおもしろいですね。

Shoma UNO


宇野君も持ち前の安定感を見せSPでは日本人の中でトップでした、FSは流石に
要素が多いし、高難度ジャンプがまだ飛べないのでほぼミスが無い演技でも
高得点は望めませんが、しっかりと自分の出来るモノを出したと思います。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。