FC2ブログ

田村ゆかりLOVE♡LIVE 2012 *I Love Rabbit*-千秋楽-

DSCN1334_convert_20120302012108.jpg

先日はILRツアーの千秋楽である神奈川公演、横浜アリーナまで
行って参りました。

千秋楽を迎える二日前頃、2011のFC通販で頼んでおいたトートバッグが
届きました、開けてみるとちょっとインクのシンナーの臭いが鼻を突いた
のですが、一日外に干せば気にならなかったです。

DSCN1332_convert_20120302012738.jpg

広げてみると結構な大きさ、マチもあるので大容量です、ライブの基本装備
が余裕で入ってしまいます、内部の上の真ん中にポケットがついていて
ケータイやお財布なども実に取りやすいです。

デザインもかわいいですが、黒が基調なので男性でも持ち歩けるかな。
これからライブに行く際のお供になりそうです。

それと今回横浜公演で物販アイテムが追加されました。
そのなかでポーチがいいなぁと思っていて、公演後物販に赴いてみたら
まだあったので買ってしまいました。限定品以外のものはほぼあったので
基本アイテムが欲しい方は公演後に並ぶことをオススメします。

DSCN1337_convert_20120302012426.jpg

DSCN1339_convert_20120302012606.jpg

ポーチもポータブルゲーム機がちょうど入るような大きさ、
130*210*60mmと3DSなども余裕そう、まだ持って無いですけど。
全面に二つポケットがついてるのでコードも収納出来そうです、
こっそり鞄に忍びこませておきます。

今回はゆったりと会場へ向かいました、開演前mixiのプチオフにちらっと
顔を出したのですが、いろんな方々がいらっしゃて驚きました。
お話しできたのはわずかな人数ですが初めてお会いしたのに王国民同士
だからなのかすぐ意気投合して会話が弾みました、良い思い出です。

会場内のお花を見ていたのですが「株式会社ブロッコリー」の名前があって
ちょっと懐かしい思いにかられました。

横浜アリーナは流石に広くFC枠で申し込んでもスタンドの上の列でした、
ティモうさチャンスはもちろん、特効テープも届かない位置はちょっと
寂しいですね、しかし見晴らしはばっちりでしたよ。

以下はセトリと感想等々・・・
2/26-横浜アリーナ-

1.アイマイボーダー
2.SuperSpecialSmilingShygirl
3.ラブリィレクチャー
-MC1-
4.太陽のイヴ
5.ラブサイン
6.ほんのり桜色
-YUKARI Mid Night Shop-
7.SympathyofLove
8.雨音はモノクローム
9.if
10.ときめきフォーリン・ラブ
11.AMBER~人魚の涙~
12.Blackcherry
13.トラウマの耳たぶ
-男爵パート-
14.好き…でもリベンジ
15.ねぇ恋しちゃったかな
16.星屑スパイラル
-ゆかりんvs鹿-
17.HeavenlyStars
-MC2-
18.滑空の果てのイノセント
19.この指とまれ
20.MERRYMERRYMERRYMENU…ね!
21.LOVE ME NOW!
22.fancybabydoll
-MC3-
23.真新しいカレンダー
-encore-
24.EndlessStory
-MC4-
25.You&Me
26.チアガールinmyheart


開演前には「クレイジーケンバンド」の楽曲がかかっておりました。
私も三公演目の参加ということでセトリが体に馴染んでいました。
今回のセトリで私は「ラブリィレクチャー」が大好きなんだと
気づきました、序盤と言うこともありおおはしゃぎしてしまった・・・

二年ぶりの横アリ、ゆかりんもまさか二度も来られるとは思って
なかったそうです。
「前回はあの辺に(座席に)布を垂らしてたんだけど・・・」
確かに前回は満員ではなかったですね、私もチケット発売日から
しばらく経ってから購入しましたし。それとセンター席を一週する
花道もあったのですが今回はありませんでした。

そして見切れ席の人イジリ、わざと見えない位置に行きこんな風に
かまってくれるのがゆかりんの優しさでもあります。
横浜は満喫しましたか?の問いにみなさんいろいろ横浜の名所を
挙げていました、赤レンガと聞いたとこで「そこはみんな楽しめないでしょ?」

・・・まぁ、そうだけど。
一緒に行こうという声にも「だが断る!」

「お水おいしー?」の観客の声も「ごめんなさいね、一部の人たちが盛り上がって、
スタッフさんはあの人達に×マークのついたマスクをあげて下さい・・・冗談ですよ」

しつこい声をこうやって軽くあしらってしまうのもゆかりんの魅力です!
いまだに「お水おいしー?」とか言ってる輩は空気読んで頂きたい。
仙台とかでも思いましたが給水中にJACKが場をつないで、「お水おいしー?」を
ブロックしてくれてたりしますね、gj!

まさにゃんにまた「おじいちゃん」の声が飛んでいましたが、しつこく言い過ぎると
失礼ですよ、仙台ではMCの流れから軽く弄られる程度でしたが脈絡も無くいきなり
言うのは駄目ですね。

ゆかりんがすかさず「おじいちゃんじゃなくておじいさんでしょ!」と拾っていたし、
まさにゃんも「今日は無礼講!」と言ってくれたのでまとまりがつきましたが。

そして「太陽のイヴ」へ、この曲は気づけば私のitune内で一番の再生回数を誇って
いました。やっぱいいなぁ、かわいいこのダンスをじっくり見れてよかった、
間奏で左右にちょんっちょんっと移動するのがたまらなくカワイイです!
映像化はよ!

「ラブサイン」だったかで前方ステージから中央ステージへ移動して、
舞台がせり上がって、そのまま前方へ戻っていったのですが、
高い位置にゆかりんがいるときに動きだし、ゆかりんがよろめいたので
ヒヤッとしてしまいました、安全ロープなども無かったから気をつけてほしいです。

「ヤングスターの星」という昭和風なステージで歌うゆかりんのVTRですが
千秋楽では完全版になっており、歌い終わった後、レコード会社のスカウトに
扮した人が契約の札を上げるという続きがついてきました。

たまちゃんやみくつさん、みっしーもいたかな?
「ナウなヤングにバカうけすると思います」言い回しが古すぎw
そして涙する演技をするゆかりんですが、それが嘘くさすぎる、
おい元演劇部だろ!と突っ込まずにはいられませんでした。

どんなアイドルになりたいか聞かれ
「みんなに愛されるお姫様になりたいです!」の声にみなさん
歓声をあげていました。

「AMBER~人魚の涙~」では大会場ならではのレーザーによる演出も
加わっていました。とても幻想的でしたね、他の曲でも青や黄色など
色とりどりのレーザーが飛び交って綺麗でした。

次のVTRでは奈良で通常ロケが終わったところで、どっきりでゆかりんが
奈良公園まで連れていかれるというものでした、強制連行w
公園で黄昏れる映像にBGMでSoLが流れてアンニュイな演出が面白かったです。

鹿せんべいを買い求め、鹿にあげようとしますが、早くくれ!と言わんばかりに
鹿の攻撃を受けるゆかりん、小さい食べてない子にあげようとしますが
片っ端から狙われ食べられてしまいます。

すぐに無くなってしまったので10セットも鹿せんべいを買うゆかりん、
流石に買いすぎじゃ・・・
集団に追いかけられたり、スカートをめくろうとする鹿も出てきました、
鹿許すまじ・・・

「恐怖しかない・・・鹿パネェーっす」ゆかりんお疲れ・・・

今までのVコーナーに触れていくゆかりん、ヤングスターの星での
司会もいとこの服巻 浩司さんでした、声がそうだったからこの人
なのかなーと思っていました。
関係者席にいらっしゃてみなさんの歓声を受けていました。
「浩司」って呼び捨てする仲なんですね。

ゆかりんはシリーズにして成長する物語にしていきたいそうです。
それはいいですね、コテコテのアイドルソングを歌うクラシックな衣装の
ゆかりんをもっと見たいですから。

「ときめきフォーリン・ラブ」はCD化の予定は無いんだそう(´д`)エー
「ソノシートとかで出す?」
この時私はソノシートを知らなかったので反応出来ませんでした・・・
調べてみると雑誌の付録などについてくる薄いレコード盤のようなものだそう、
へーおもしろい、こんなものがあったんですね。

奈良でのロケも映像はライトな感じに仕上がっていましたが、現場は結構
悲惨でカメラさんも「あれ止めた方がいいんじゃ」と心配していたそうです、
観光客にも笑われていたそうです、コートも涎でべとべとになったとか。

鹿に襲われたので思わず持っていた鹿せんべいを食べたそうですが紙の味が
したみたいです。

恒例のどこから来たか質問タイムではなんと海外からの方もちらちら
いらっしゃいました、台湾、アメリカ、イギリス、マカオ等々、
飛行機代とか大変でしょというゆかりんの言葉に
「ゆかりのためならどこへでも」と返すお客さんがいました、
ゆかりんその言葉に感動、素晴らしい返しですね、王国民の鑑です!

すっかり国際派になったと意気込み英語を披露、10ヶ月前から実は
英会話を習い始めたそう、でもしばらく行って無くてこのままだと
退会処分になるそう・・・

ランクはテストの結果下から二番目だったようです、良かったね・・・

「この指とまれ」はタオル曲ですが、曲に合わせてヘイッ!をするかタオルを
回すかどっちにしたらいいのかわからなくしっちゃかめっちゃかになってしまいます。
忙しい曲です。

「LOVE ME NOW!」は仙台では聴けなかったので嬉しかったです。
イントロ来た瞬間にポンポンを取り出せたので良かった、よく訓練されてるなぁと
我ながら感じます。しかし振りの中で忠誠ポーズをしてる人が少なく感じました、
一瞬自分が間違っているのかと思うほどです。しかし隣同士は出来ました。

「真新しいカレンダー」では飛び曲で続いた体から熱が引いていく感覚が
なんとも言えません、雪が降る演出も加えられていました、みんなゆっくり
ワイパーを続けていましたね、新しい流れでこれはこれで面白かったです。

アンコールと「EndlessStory」後
「みんなの顔を見ると涙が出そうになる」とちょっとセンチなゆかりん。
もう歳なのかな?というとこで17歳でしょと突っ込まれてました。
当日の明日はゆかりんのお誕生日です。

話の途中でお客さんが「ハッピーバースデー」をいきなり歌い始めました、
ゆかりんがしゃべってる途中でしょうが!しかも若干グダる・・・
ここでもJACKがフォローを入れてまとめてくれました。

去年はラジオの公録があったんですよね、私抽選外れたけど。

今年の抱負を聞かれ男爵達から発表していくことに、
はた坊は今回初めて物販デビューをしたそうです、楽屋に戻る際にスタッフに
止められたとかw今年はファンクラブに入ってみようかということでした、おぉ!

まさにゃんは「長生き」(´・ω・`)・・・
GODは「あ~んを極める」 ピンクの照明の中無駄に艶めかしい声であ~んを披露
JACKはあ~んを言われてしまったのでゆかりんに振る流れに、ゆかりんタジタジ
でした、「なんでもイェーイって言ってんな!」

みんなからの要求に渋々答え、あ~んを披露してくれました、18禁ライブになるかも。
何度もさせてごめんね。やっぱゆかりんはイジられる側よりイジる側のほうが
光ってますね。JACKは「これからもゆかりんと一緒にライブをしたい」ということ
でした、嬉しいこと言ってくれるじゃないの。

Pたんは「桃色男爵としてこれからもやっていきたい」だったかな、これからよろしくね!

次ぎに行こうとするゆかりんにステッキを差し出すJACK、
「ちゃんと繋いどいてよ!フリー過ぎるよ!」とゆかりん。
今回はめろーんではなくLMNの横揺れをみんなでやるように促されました。

何度かやりますが、ゆっくりだったり、急に早めたりと遊ぶゆかりん。
JACKのツッコミもあり何度かさせられました、隣の人がやってくれる人で
助かった。各公演の新しい流れを一気に盛り込んできた感が。

最後の「チアガール in my heart」では巨大風船が観客席を飛び回るアレが
出てきました、ライブとかでよく見る光景だぁー!いいなぁ楽しそうだった。
なんか一つ途中で割れてましたね。

そして最後のお手振りの時間、前回の横アリではなんと30分間もこの時間が
あったんですよね、それが初参加だった私はそのゆかりんの心遣いに深く胸を
打たれました、こんなに大人数を相手にしていても一人一人を見てくれる人なんて
他には居ないと思います。

「1対何万ではなく、1対1を何万回」というこのファンを思いやる心を知り、
ますますゆかりんの魅力に引き込まれました。

そして終演、「またみんなに会えるよう、一生懸命頑張ります」
という言葉にうるっと来てしまいました。私たちの勝手な「ゆかりんに会いたい!」
という気持ちに応えようとしてくれているんだと思うと感謝の気持ちでいっぱい
になりました。

投げキッスもいつもより多めに感じました、ありがとうーゆかりん!!

初遠征をしたこともあり、今回のツアーはとても思い出深いものになりました。
次の予定の発表がなにも無かったのが残念でしたが、公式でしれっとDVD&BDの
発売の告知がされてました、何故あの場で発表しなかったんだ・・・
6月の発売だそうです、楽しみですねぇ。

次またライブがあるとしたらいつになるのか、FCイベントもいつやるのかと気になる
ところではありますが素敵なゆかりんとの思い出を糧にまた明日から頑張って行こうと
思えました。今年もゆかりんの活躍が見られますように。

DSCN1335_convert_20120302012233.jpg

長文にお付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。