2012 欧州選手権 女子シングル

ヨーロッパ選手権女子、今回こそは久しぶりにロシアがメダルを取ると
思っていたのですが終わってみればまたも逃す結果に、4~6位と
大変惜しい結果でした。来年にはソトニコワやタクタミシェワがシニア大会に
上がってきますからロシア代表選びはさらに熾烈になりそうです。

コストナーさんが安定してメダルを取り続けているのでロシア独占とまでは
行かないでしょうが強いロシアをまた見たい気もします。

2012 欧州選手権 リザルトページ
1 Carolina KOSTNER   183.55
2 Kiira KORPI       166.94
3 Elene GEDEVANISHVILI 165.93
4 Polina KOROBEYNIKOVA 164.13
5 Viktoria HELGESSON    160.82
6 Ksenia MAKAROVA     159.59
7 Alena LEONOVA      158.78
8 Valentina MARCHEI    146.84
9 Yretha SILETE       145.50
10 Joshi HELGESSON    145.11


Carolina KOSTNER


コストナーさんが安定の構成点でGPSの調子そのままに優勝を
決めました、ショートでもやっとノーミスが板についてきた感じです。
フリーのジャンプのちょこちょこしたミスであまり減点がないのは
意外でしたがこのプロで120前後は出るようになってきてますね、
この点数ならワールドでもメダルは行けそうだし真央さん、鈴木さん、
シズニーさんの調子次第では金メダルも見えてきました。

ただこのまま低難度構成でしかもミス有りで女王になっちゃうと
いろいろ言われてしまいそう、昨年のループ二回、サルコウ二回
フリップ、セカンド3Tぐらいならまだ良いですが今年はまだ
その難度に達していないですから。

本人は高難度ジャンプを取り戻そうとしている最中だと思うので
ワールドに期待して、ワーワー言う人たちを黙らせるような演技で
金を勝ち取って欲しいです。

Kiira KORPI


コルピさん復調の兆し、というかすっぽ抜けや転倒がほぼ無い
演技て久しぶりかも。

でも怪しいジャンプばかりで案の定、減点&回転不足が多々有り
織田ってしまいましたので3Loが一つノーカンになってしまいました。
何故飛んでしまったんだ・・・

これらの要因で技術点は伸びませんでした、ショートの貯金を生かし欧州選手権
自己最高の二位になりました。

しかし素敵な髪型、スタイリストさんが付いてるんでしょうね。

Elene GEDEVANISHVILI


二年ぶりの表彰台!
スピンが全体的に残念だったものの、ルッツの質はトップクラス!
きちんとSP・FSの中で決めて3位になりました、個人的には2位でも
良かったんじゃないかと思います。

フリップを抜かしてルッツを2本、前半で確実に決める作戦のようです、
二本目が回転不足でマイナス評価だったものの、ここを決めれば
2位にもなれました。
でも3種トリプル構成では寂しいのでやはりフリップは欲しいとこです。
2Aはとても幅があるので少しは加点が欲しいですね、でも低迷していた時を
考えればだいぶ安定感が出てきました、オーサーコーチと相性が良さげで
良かった。

Polina KOROBEYNIKOVA


すごい追い上げw
ショートは二回の転倒でしたがレベルをしっかり取れていたのでそこまで
点が落ちたわけではなかったですね、フリーはトップの技術点を
叩き出し4位にまで上がってきました。

今季からジュニアGPSに参戦したばかりの子ですがスタイルがロシアっ子の
中で突出しているのとジャンプの質がとても良いです。飛べるジャンプの
種類も豊富なのが大きいです。

GPFで3位、欧州選手権にも初出場で素晴らしい成績を残しました。
フリー番長かもしれませんが、着実に経験を積んできてはいるので
まだまだ伸びる素材ですね。

Viktoria HELGESSON


安定した演技で5位に、ジャンプは良く決まっていたし本人も
手応えを感じていたのですが、着氷がドスンと降りてくる感じなので
GOEが貰いにくいんですよね、ルッツがないのとフリップが回転不足
なこともありそこまで点は伸びませんでした。

フットワークがとても良くステップでも今季はレベル4を獲得など
徐々にですが評価は高くなっていますね、動きの堅さがとれれば更なる
構成点が期待できそう。

Ksenia MAKAROVA


マカロワさんもGPSから復調!
ショートの絵描きの苦悩を感じさせるような詩的な演技は
とても素敵、ロシア選手の中で彼女の演技の幅を見せつける良い
プログラムです。しかしフリーは、なぜこんなはっちゃけたプログラムを?

ジャンプの乱れが目立ちショートの勢いを保てませんでしたが
ある程度のレベルまで持ってこれていたので一安心です。

Yretha SILETE


ショートでとても良い演技を見せました、ゴージャスという言葉がぴったり!
迫力があって動きも大きいですね、足も長いし所作や滑りが丁寧になれば
もっと評価が高くなりそう。ニースでのワールドは仏女子は1枠だったと
思うのでマエさんではなくシレテさんが出るのでしょうか。

仏女子は若手で良い選手が出てきているのでこれから期待がもてますね。

Elena GLEBOVA


点数はそんなに・・・でしたが良い動きを見せたと思います。
ルッツのエラーでそこまで高い点数ではありませんでしたが
確率が上がってきてますし3T-3Tも勢いが出ています。

くすぶっていたけれど演技をみればまだまだ諦めていないという
気概が伝わってきた試合でした、頑張れ!

Natalia POPOVA


持てる技術をしっかり出した演技でした、
フリーだけなら8位と第一グループで演技した選手とは
思えない追い上げでした、フリーの曲は誰かも使っていたなぁ、
ウィアー選手だったかな?

Juulia TURKKILA


ショートで3T+3Tを綺麗に決めました、この姿勢の良さとちょっと堅い
動きがフィンランドらしさでしょうか。
レピストさんがお休みの中代表として良い経験をどんどん積んで欲しいですね。

Jenna MCCORKELL


地元のアドバンテージを生かし切ることはできませんでしたが
たくさんの声援に応えていました、ルッツなど本来はとても
良い質のジャンプを飛ぶんですけどね。
地元だからってそれが有利に働くとは限らない、そこが難しい
とこです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。