田村ゆかり LOVE LIVE 2012 *I Love Rabbit* 宮城・仙台サンプラザホール 

DSCN1301_convert_20120212022852.jpg

行ってきました初遠征、今回はILRツアーの第二第三公演の仙台まで
東京から赴きました。

DSCN1302_convert_20120212023639.jpg
会場前のお花たち

今回物販は二日目の朝に行ってきました、相当寒いかなぁと思っていたら
東京とそこまで変わらない気温でしたね、歩いて会場に向かっていた時は
体が温かかったのですが並び始めると動けないので足下からどんどん
冷えていきました。足の裏にカイロ貼って、ヒートテックのタイツ履いといて
よかった・・・。

DSCN1325_convert_20120212023327.jpg

9時前に並び今回の戦利品、限定物は売り切れてはいなかったのですが
買いませんでした。気になっていた人形焼きが買えたのでよし!
賞味期限は3/12でした、いつ食べよう。

あとゆかりっきゅーぶですがいざ手にしてみるとちょっと脆そう・・・
なんか車の匂い(油?)もするし・・・よくルービッキューブの達人が
やってるみたいにスコスコ動かせそうではありませんでした、
あれも潤滑油が必要なのかな?

パンフも内容が充実しています、かわいいお姿やあられもないお姿が
あったりで大満足ですよ!A・Bどっちも買って良かった!

旧符の特典もまだ持って無いシングルなどがあるのでこうした機会に
集めていきたいですね、今回はポスターかブロマイドでした。

仙台サンプラザは当然初めて入る会場でしたがとても良いですね!
半円の形で一回はもちろん二階や三階から見た感じも舞台が
すごく近く感じられ公演もなんだかぎゅっと詰まった密度の
濃いものに感じられました。

私は一日目一階Lゾーン(下手)の端、二日目同じとこの真ん中よりで
なかなか近くでゆかりんにお目見えできるとこでした。ただ一日目は
スピーカーでスクリーンが見づらく、ゆかりんも立ち位置によって
見えなくなってしまう位置でした、二日目はそんなことがなく良かった
です、ただ周りの人で言えば一日目のほうがよかったなぁ。

優しそうな女性の方で会話もできたし、二日目の隣はいい人だったけど
動きの大きい人で・・・あと斜め前にピンクの閃ブレを上下にくっつけた
物を両手に持ち変なオタ芸打ってる人で正直苛つきました。

以下はセトリと感想になります。
1.アイマイボーダー
2.SuperSpecialSmilingShygirl
3.ラブリィレクチャー
-MC1-
4.太陽のイヴ
5.ラブサイン
6.ほんのり桜色
-YUKARI Mid Night Shop-
7.SympathyofLove
8.雨音はモノクローム
9.if
10.ときめきフォーリン・ラブ
11.AMBER~人魚の涙~
12.Blackcherry
13.トラウマの耳たぶ
-男爵パート-
14.好き…でもリベンジ
15.ねぇ恋しちゃったかな
16.プレゼント/星屑スパイラル
-ゆかりボックス/ゆかりミキサー-
17.HeavenlyStars
-MC2-
18.滑空の果てのイノセント
19.この指とまれ
20.MERRYMERRYMERRYMENU…ね!
21.チェルシーガール
22.fancybabydoll
-MC3-
23.真新しいカレンダー
-encore-
24.EndlessStory
-MC4-
25.You&Me
26.チアガールinmyheart


MCの内容は一日目の内容に①と、二日目のものに②といれています、
曖昧な記憶を辿っているのでもし間違いがありましたらすみません。

会演前の音楽に50TAこと狩野英孝さんの楽曲がかかっていました、
おそらく宮城出身という繋がりからかな?
中でも「PERFECT LOVE」という曲で「男子!」「女子!」とコールする
部分があったのですがさっそくコールが入れられていました、みんな
器用すぎるよ・・・

二日目なんかは前にかかっていた曲を中断してこっちを流して会場を温め
開演を迎えましたね、ありがとう50TA。

アルバムの通りアイマイがトップバッターを飾りました。
初っぱなの「今なーにしーてーるー?」と「いーつもーの場所でー会おうよー」
に被せコールとサビの「Love」「ねぇ」にコールが入っていました。
結構浸透している感じでしたね、いきなりゆかりんの歌声が聞き取り辛く
なってしまうのでどうかと思いましたがコール本にも書いてあったので
広まっていきそうです。

SSSSgでさっそく体力を奪われ喉を潰される私、ゆかりんが大興奮の王国民を見て思わず
吹き出したように見えました。そんなことを気にする暇も無いまま
「ラブリィレクチャー」へ、間奏のラインダンス超最高!

ここで御挨拶、サンプラザを噛んでしまい早くも「もう一回!」コールw
二日目もTAKE3までありました、「さん台せんプラザホール」って言いそうにならない?
とゆかりん。

①お客さんがどこから来たのかアンケートタイム、なんだかんだで東北の方が大半占めて
いましたね、沖縄から来た人が二人ほどいてビックリ、ゆかりんいきなり「友達いるの?」発言。
日本の南北で温度差がどれくらいあるのか興味本位で調べていたみたいです。
「ほっかいどうは・・・でっかい・・・どう・・・」とお決まりフレーズを恥ずかしそうに
言っていました。

②言い間違えるたび水を飲むのでおなかがたぷたぷに、新たに「たぷりん」という
フレーズが生まれました、観客の「たぷ↓り~ん↑」という言い方に「イラッとくるわー」

客席がプラネタリウムみたいということでしたが、観客は宇宙の塵あつかいで
「燃えかすってるなー」という思いで見ていることにするということでした。

仙台サンプラザには一人席があるのですがそこをイジり倒していました、そこの人を立たせて
他はみんな着席した時偶然来た人をみんなで拍手で迎えました。すごいタイミングw
他アーとの掛け持ちかと心配したゆかりんでしたが理由は寝坊だそうです。
MCを終え一人席の人に「あれ?何で立ってるの?w」

「太陽のイヴ」のイントロでピンク衣装から薄水色のキラキラ衣装へ早着替え。
「ほんのり桜色」ではサイドステップのダンスが印象的でした。

メンバー紹介V、「ゆかりミッドナイトショップ」という通販テイストなVTR。
桃色男爵紹介と桃色メイツ、ネコ達の紹介が凝っていました、ナレーションは
従兄弟の服巻浩司さんとゆかりおねぇさん、おねぇさんの「お高いんでしょう?」
が色っぽいかんじでした。

桃猫団を調教するための「やっぱりくすんだネコが好き」というDVDや
メイツが踊る「ユカリーズブートキャンプ」もセット販売でお勧めしてました。
ネコの側転やら動きがキレッキレでした、すごい。

SoLからの薄い水色の衣装が肩が出ているんだけど上品でした、
GODのサックスが入ってよりムーディに涙腺を刺激する出来に仕上がっていました。
ここからのしっとりゾーンは照明の演出具合もとても素敵でうっとりして
棒立ちしてました、「if」もテンポは良いけど歌詞の内容は切ないんですよね。

ここでまたVTRパートだったのですがこれが驚き、「Let's go ヤングスターの星」という
昭和の音楽番組テイストだったのですが、ここで聖子ちゃんカット?のゆかりん
登場!新鮮な髪型にみんなかわいい連発、「ときめきフォーリン・ラブ」という
おそらくオリジナル曲を歌い上げました。これがまたコテッコテのアイドルソング、
即興のコールやPPPHも馴染んでいましたね、

コージ「すてきな衣装だね」
ゆかり「お母さんがカーテンで作ってくれました」
コージ「立派なお母さんですねぇ」
wホントにかわいくて悶えてしまいました。

「AMBER ~人魚の涙~」の台詞パートは音源で流しているのかと思いましたが
生で言ってるんですね、この辺は流石本職というかゆかりんの力を見せつけられました

綺麗な深紅の衣装で高貴な感じでBlack cherryを歌い上げました、貴重な昔の曲枠で
映像も曲に合った作りだったのでここは固定かなと思いました。
「トラウマの耳たぶ」の腕を振り上げるようなダンスがとても格好良かった。
この後の男爵の演奏パートまでアダルトな感じの流れが素晴らしかったです。

①次のVコーナーは一日目が箱の中身はなんじゃろな?的な企画、何回か挑戦していましたが
あまり怖がってなかった様子、結構度胸あるのねゆかりん。

春待ちソレイユ限定版や猿の鳴くぬいぐるみなど入れられてましたが最後の
なまこはみんな引いてましたね・・・私も触ったこと無いけどあんま手づかみ
しなくないビジュアル、手に持ってスタッフさんを追いかける様子に爆笑しました。

②ゆかりんミキサーのコーナーでは疲れを癒やすジュースをメイツちゃんに振る舞う
ことに、好きな食べ物を聴きつつセロリにひたすら野菜投入、放心状態の石岡さんw
一度目はただの青汁に、二度目はイチゴやメロンなどフルーツを使いましたが最後に
キムチをこっそり入れました、そして飲んで絶句のメイツちゃんで終了w

うさ耳に光沢のある赤い衣装で登場、
「好き…でもリベンジ」の「しゃばだばだばだーばだー」の掛け合いは
とっても楽しかった、ずっと続けられるくらいです♪

プレゼントってクリスマスっぽい曲だと思っていましたが冬ソングとしても
聴けるのでいいですね、ここが二日目は「星屑スパイラル」に、横アリの感動
が蘇ります、思わず振りコピしてしまいました。

①「なーまこ」談義、触ったことがある人、食べたことがある人がちらほらいました。
「どこで触ったのー?」
「海-!」
「え、泳げるの?ていうか泳げる人どれくらいいるの?」

との問いで泳げる国民が大多数なことに驚きを隠せないゆかりん。
学校の授業で顔を水に付けられないので水中のゴルフボールを取る際には
足を使っていたそうです、バタ足でちっとも進まなかったことから
水泳は向いていないと悟ったみたいです。

上手以外の客に愛想を振りまくゆかりん、上手の「えー」という声に笑っていました。
「何の会だよ」ってつっこみに「ゆかりんを見れる会!」って言ってたお客さんが
印象に残っています。観客が猿みたいということで、動物園に来た幼女の物まねを
していました、カワイイすぎる・・・。

新幹線のカート売りで牛タンジャーキーが気になりくださいと言ったところ
「1000円です」といわれ怯むゆかりん、確かにちょっと考える値段です。
しかし断れずにsuicaでお支払い、味が濃くておつまみに良さそうだそうです。

②3DSのすれ違い通信をやっているというゆかりん、文化放送で毎回すれ違う
ポルさんという、キャラの外見から初老のおじさんと思われる人が気になる
そうです。初老良という言葉に観客から「まさにゃーん」と発言が・・・
まさにゃんに思わぬ飛び火、初めの老でよかったねとフォローにならない言葉をかける
ゆかりん、おじいさんはもう禁句ですよ!まぁまた言うんですけどね。

K太郎さんも探していたというポルさん、ついに見つかりましたが報道フロアに
居たそうです、髭はクリスマス用のアクセサリーだったので普通のおっさん
だったそうです、見つけてしまったとたんつまんなくなっちゃっう、そんなもんです。

たぷるんコールからカビルンルンへと変化を遂げました、アンパンマンの知らない
キャラだったのでみんなに聞いてまわるゆかりん、鳴き声を真似たお客さんにつぼった
みたいです。カビカビー

ラブサインの「あぁーん」をJACKが気に入って練習中にこっそりというそうです、
艶めかしい声を出すJACK、ゆかりんとどっちが言ったか当てっこしました。
ついでに男爵達みんなで輪唱、観客のみんなで「あぁ~ん」にアドバイスするJACK、
コールとして浸透は・・・しないほうがいいですね・・・楽しかったですが。

おちゃらけたMCから「滑空の果てのイノセント」の静かなイントロにフッと
まったく違う世界に戻されます。爽快でカッコイイ曲ですね。

白と黒のゴスロリ風衣装から黒部分を取り白衣装に、
「MMMMね」はアルバム発売時癖のある曲だなと感じたのですがライブでクライマックスに
来ると大盛り上がり、メイツとネコと一緒に舞台を駆け回り小さめのリングを使ったダンスが
かわいい、テープもここで発射されました。

FBDではウサギが二つ三つくらい隣の席に飛んできました、あんな間近で見るのは初めて。
「真新しいカレンダー」で静かに〆、飛び曲で火照った体から徐々に熱が引いていく
感じと最後の曲ということも相まってしみじみとしてしまいました。

しばしのアンコールタイムから照明が暗くなりかかった曲は「EndlessStory」
後光が差す中あのイントロで登場したゆかりんが格好良すぎた・・・。

①方言をみんなに教えて貰うゆかりん、挨拶で使うようなものを教えてもらう中
ありがとうを「おしょうしなー」と言うそうです。
そんなんでFBDで「世界一めんこいよ!」「おしょうしなー」という掛け合いを
しようということに。

練習しようということで即座に演奏できる男爵カッコイイ!ゆかりんが三拍子で
無理に合わせようとしたので始めはぐちゃぐちゃでしたが王国民の手拍子で
合わせられました。

一回目ゆかりんの「なんていうんだっけ?」の一言に会場中がずっこけましたw
二回目はきちんと揃えられました。「明日来る人ポカーンだろうなぁ」
と危惧していましたがみんな色々なとこで伝えていたようですし、二日目は
スクリーンになんと文字が出ていましたからね、スタッフさんグッジョブ!

②「おしょうしなー」はなにやら山形の方言だったそうで、山形の位置をみんなに
教えられるゆかりん、「ユカリ、ヤマガタ、オボエタ、ヒダリ、ニシ、シタチガウ」
ゆかりんの容量は56KBと書類並みだそうです。
パソコン談義に入りデフラグ、最適化が大好きでそれをぼーっと見るのが良いんだとか。

最後はゆあみ、そしてチアガール、ポンポンの出番があってよかった。
「フレーフレーゆかり」とコールする部分も浸透してました。

終わった後隣の方に「お疲れ様でしたー」って言おうとしたらしゃがれ声が
出てきて自分でもビックリ、いきなり変な声出してすみませんでした隣の人・・・

今回はとてもMCの回数が少なかったですがその分長くお話をしてました。
あと二日ともめろーんをやらなかったのが新鮮、このコーナーが無くても
充分楽しめたので良かったです、それに26曲と結構な曲数を楽しめました。
色々な進行をこれから模索していくのかもしれませんね。

仙台だけのお約束も出来て、もしまたこれたら「世界一めんこいよ!」は
ここだけでの思い出になりますね。「またこれたら遊びに来てね」と
「またねっ」にぐっと来てしまいました、こういう言葉が嬉しいなぁ。

初遠征で最高の思い出になりました、ありがとうゆかりん!ありがとう仙台!
またね!
DSCN1330_convert_20120212023958.jpg
ご一緒した方に名古屋の特効テープをもらってしまった、ありがとうございました。
仙台二日目は自力でゲット出来ました、色は紫?のような色です。

長文にお付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。