2011 GPシリーズ スケートアメリカ

久しぶりにスケートアメリカからの開幕です、初戦らしく少しグダッた演技が
目立ちました、それでも選手の方の新しいプログラムをたくさん見れるので
ワクワクしますしここからどこまで仕上げてくるか見物です。
しかしシングルの10人枠はほんと少ないなぁ、寂しい感じが拭えません。

女子は安藤さん・ヨナさん・ロシェットさんがお休み、レピストさんが
怪我で欠場と、バンクーバー五輪メダリスト&ワールドメダリストが多く
お休みしています、なんかじわじわフェードアウトしそうで不安でなりません。

引退自体は本人が決めることなので私たちがどうこう言えることではないし、
選手が決めた道を応援するのがファンだとは思いますがフェードアウトは
やめて頂きたい、区切りを付けるって大事だと思うのです。

欠場者も多いですがこれから期待の若手がシニアに殴り込んできます、
今回はどの選手がGPFに駒を進めるか読みにくく楽しみです。

スケートアメリカ リザルトページ

男子シングル

Michal BREZINA SP 79.08


去年から持ち越しのプログラム、ジャンプに高さがあって
見応えがあります。和風プロってコレジャナイ感があるものが
多いですけど、ブレジナ選手は動きが太鼓のリズムによく合って
表現が成されていると思います、衣装はなんとなく中華風ですけど。

フリーではだいぶ失速してしまったものの合計で逃げ切り優勝でした、
初優勝おめ!初戦てのもありますが、フリーのジャンプが決まらないのが
傾向として見られます、スタミナ不足かな?もっと安定すると良いですね。

Takahiko KOZUKA SP 70.69


今期のSPはクールなジャズ、ウィルソンさんに振り付けを頼んだんですね。
彼のショートは軽快なモノが多く、でもなんか同じような感じがしていたので
脱却して欲しかったのですが、似たような路線でも今までの中で一番良いです。

動きが大きくなったので振り付けもこなれた感じが出ればもっと引き込まれると
思います、ショートから4回転を入れてきたので驚きました、しかしこの場合
ステップから飛ばないといけないのでちょっと厳しいような・・・
フリーの普通に飛ぶ4回転も安定させるまでだいぶかかったので、
今回はチャレンジだったのでしょうか。

フリーはまだ仕上がってはいませんがスピン・ステップをレベル4で揃えてくる
あたり、流石です!本人はこのプロでの表現に対して手応えを感じているような
感想を言っていましたが、私としては正直あまり良いプロとはまだ思えない、
無機質な感じがまだ拭えませんねぇ・・・。

総合3位、GPFを狙うなら次は優勝したいところです。

Denis TEN FP 130.60


テン選手のスケートがだいぶ洗練されていてビックリ!
近年は落ち込み気味だったので、存在感を見せたいシーズンですね。

KVDPさんが初っぱなから安定しています、そのおかげで2位に入ることが
出来ました、しかしそろそろ構成点をあげるプログラム作りをしないと、
ベテランなんだし。コンテスティさんはSPでダメダメでしたが
フリーは中々良かった。二人とも結構年行ってますが構成点が70超えないのは
寂しい、ジャンプが良いだけに余計にそう思います、地道にがんばって欲しいです。

女子シングル

Alissa CZISNY SP 64.20


シズニーさんのショート「ラヴィアンローズ」ピンクの清楚な衣装と、上で止めた
お団子がかわいらしいです、フリップにeマークが付いた以外は良かったっです。
やはりSPから3-3を狙ってるんですね!20代になってからこれはすごい
挑戦!フリーでは回転不足でしたがこれから精度を上げていって欲しいです。
ジャンプの苦手なシズニーさんがいつのまにかこんなに・・・ (´;ω;`)ブワッ

Carolina KOSTNER FP 117.12


コストナーさんは去年と同じように、低難度のジャンプ構成で始めました、
しかしフリップは入れてきていますね、これだけきれいに飛べれば後々
二回入れたり3F-3Tも期待できそうです。

今年は王道のクラシック曲、しかもモーツァルトですね、村主さんを思わせる
曲です。去年の練りに練られたって感じのフリーに比べるとあっさり
してるかな?って思いましたが、クラシックの雰囲気に頼っている感じは
一切無く滑りこなしているのが素晴らしいです、ステップが曲も相まって
小気味よいですねぇ、プログラム前半の印象がもう少し強くなると
尚良いと思います。

高難度だけど失敗の目立ったシズニーさんと、低難度でまとめたコストナー
さんが競りましたがスピンの取りこぼしが酷く(オール1)加点でも差が
付きますからそこの差で惜しくも銀となりました。

シズニーさんのフリーは今回は技術面に重きを置いているため昨年と比べると
つなぎの薄いプログラムのように思えたのですが、コストナーさんとPCSが
1点以上差がつくものとは思わなかったです。ですがそこはまぁ地元の
シズニーさんに花を持たせたということで。

Viktoria HELGESSON FP 94.62


スウェーデン姉妹のお姉さん、GPSでスウェーデンがメダルを取ったのは
初めてでしょうか?ショートでこけたりフリーでこけたりする選手が多い中
どちらとも5位という平凡な成績でしたが合計で3位に入りました。
滑りも良いので評価がこれから上がってきそうです、ステップではLv4を
獲得、今シーズンからステップのレベル要因が緩和された影響もありますね。

妹さんは残念ながら10位でした、二人とも回転不足が目立ちます、
ルッツが決まれば妹さんの点数もまた変わってくるんでしょうが。
ゴージャス金髪姉妹、お姉さんは現在23、妹さんは18。

Haruka IMAI SP 54.67


怪我で調整の遅れが懸念されましたがショートは素晴らしかったです。
有香さん、ダンジェンさんのとこに行って滑りに磨きがかかりました、
腕の使い方に関しては去年のビシッビシッとした動きとは別人、
こんなに柔らかいスケートが出来るようになったんだと関心しました!
フリーは少し大人の選曲というか、挑戦や成長の期待も込めた選曲ですね。

フリーは厳しかったけどPCSが50点に乗っているのは評価されていると
感じますね、総合4位と自己の最高位を更新です。
今井さんは日本には中々居ないスピナータイプですねぇ、レイバックや
ドーナツポジが非常に綺麗、ロシア杯まで時間はあるのでじっくり
ジャンプも戻していって欲しいです。

それにしても有香&ダンジェン組大盛況である、マルケイさんも見てるしね、
しかしこのチーム、体調不良だったという情報もあります、大丈夫かな?

Elene GEDEVANISHVILI FP 97.61


ゲデバニシビリ選手、せっかく良いショートの選曲だっただけに内容は残念、
しかしフリーは3位と最下位から巻き返し、冒頭のルッツがすごい高さだ!
後半にもう一本と良い配置だし2本入るとやっぱ大きい、フリップの挑戦も
嬉しいです、体型も今ぐらいがベストですね。コーチを転々としている
彼女ですが今期はヨナさんを教えていたオーサーコーチに付いています。

女子は上位二人が飛び抜けていますが後は接戦状態な試合でした。
久しぶりにキャロの元気な姿が!あとマカロワさんのビックリプロが・・・
新プロも今後に大いに期待できるものがたくさん見れ満足です。

次週はカナダ大会、高橋選手、チャン選手や
鈴木選手、長州選手、フラット選手が登場します。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。