フィギュアペアでいろいろ

フィギュアのペアですが、五輪が終わりペアの解散、引退、新規ペアなどが入り交じって
今シーズン終わりも色々ありました、今回のワールドを見る限り、まだ五輪上位の結成歴が長い実力組と
ワールドに出たて組の点差が激しく、しばらくは成長を見守るペアが多くなるのと、
数組でのメダル争いが続いて行くのかなと思いました。

10-11シーズンGPシリーズ ペアアサイン
カワスミとサフソルの組が来季から始まるGPシリーズ三試合出場権を使っています。

以下出場予定の方々
まずはペア大国ロシア

タチアナ・ボロソジャール&マキシム・トランコフ

結成一年目でロシア国内選手権優勝、初の国際大会2011ワールド2位と
早くもすごい実力カップルの誕生です。それもそのはず、
バンクーバー五輪7位のムホ・トラ組、8位のボロ・モロ組が両者とも解散、
その片割れ同士が結成ですから、両者とも経験豊富だしポテンシャルも十分
ですからね。ボロさんはウクライナ代表でしたが今後はロシア代表として行くそう、
なんでもウクライナのスケ連はサポートが全然なくてひどいんだとか・・・。
ボロさんの元相方兼恋人モロゾフさんもコーチとして二人を支えます。
一気にソチのメダル候補です、二人とも凛々しくてカッコイイペアだ。

ユウコ・カワグチ&アレキサンドル・スミルノフ

3連覇していた国内選手権で今シ-ズンは2位、ワールドも4位と
少し調子の上がらないシーズンでした、悠子さんの怪我もありましたしね。
でも今の選手たちの中では結成歴も長いし、色々な経験を積んできたペアです、
演技も技もどんどん磨きがかかってるのがわかります。
国内にも超強力なライバルが出現しましたし、彼らと切磋琢磨で是非ソチまで
続けていって欲しいです。

ベラ・バザロワ&ユーリ・ラリョーノフ 2011EC FP

若手カップルですが五輪出場を経て成長中です、ユーロ3位とワールド5位と
躍進、ソロジャンプが安定してきたのが大きい、リフトの下ろし方が印象的、
ロシアペアはどこもリフトやスパイラルにひと工夫あるのがいいですね。
フリーの「仮面の男」はストーリーが見えてきて好きです。

カタリーナ・ゲルボルト&アレキサンドル・エンベルト 2011EC FP 

ここも去年結成して試合も出始めたばかりのペア、ゲルボルトさんはもとは
シングルで活躍してたし、エンベルトさんもペアの経験があったみたいなので
ここも早くも頭角を見せ始めてましたね、ユーロで4位に入賞していました。

さすがロシア、ソチに向けペア金メダル奪還に抜かりはありません、
トランコフさんの元相方、ムホルトワさんも新パートナーとともに
国内選手権にでましたが7位でした、結局解散に至ってしまったそうです、
しかしここまで布陣がしっかりしてるとペアでロシア代表を目指すのは
難しいと思います。

あとユーロ圏にはドイツ代表絶対王者サフチェンコ&ソルコウィー 


ユーロ6位ワールド12位 イリン・ハウシュ&ダニエル・ウェンデ(独)2011ワールド FP

ユーロ5位ワールド10位 ステファニア・ベルトン&オンドレイ・ホタレック(伊)2011ワールド FP

ユーロ8位 ステーシー・ケンプ&デビッド・キング(英)2011EC SP

辺が入賞ラインに来るかな、これからどんなペアになっていくか楽しみであります。
フランス代表だったジェームス/ボヌール組は2010ワールド後解散しちゃったんですよね、
良いペアだったのに、男性ボヌールさんは新ペアで今年のワールドに出場しましたが
これまた解散・・・。

Lubov ILIUSHECHKINA /Nodari MAISURADZE(露)2010SC FP
Ksenia STOLBOVA /Fedor KLIMOV(露)2011全露 FP
Klara KADLECOVA /Petr BIDAR(チェコ)2011ワールド FP

一方北米は色々大変なことに・・・
アメリカはワールド後、五輪出場組のデニー&バレットと
ワールド6位のケイトリン・ヤンコウスカス&ジョン・コフリン 2011全米 FP
と期待されていたペアが相次いで解散・・・と思ったらデニーさんとコフリンさんが
組むことになりそうだとか、

ワールド11位のアマンダ・エボラ&マーク・ラドウィック 2011ワールド FP
さんはこのまま続けていってくれるのかな?

そういえば井上玲奈さんご懐妊だそうです、おめでとうございます!

カナダはワールドでメダルを取り地元五輪で6位だったジェシカ・デュベ&ブライス・デイヴィソン
五輪9位のラングロワ&ヘイが引退、

10‐11シーズンはワールド7位のデュアメル&ラドフォードと 2011ワールド FP

8位クリスティン・ムーア=タワーズ&ディラン・モスコヴィッチが頑張ってくれてました。
2011ワールド FP

グランプリシリーズや四大陸でメダルも取ってるしこの二組がこれからカナダを支えていくのかな。

Mary Beth MARLEY /Rockne BRUBAKER(米)
Tiffany VISE/Don BALDWIN(米)
Marissa CASTELLI /Simon SHNAPIR(米)
Ashley CAIN /Joshua REAGAN(米)
Paige LAWRENCE /Rudi SWIEGERS(加)
Taylor STEELE /Robert SCHULTZ(加)
Brittany JONES /Kurtis GASKELL(加)

11-12GPSエントリーの方々、なんだかんだで北米は人材豊富。

もう一方のペア大国中国ですがバンクーバー五輪優勝のシェン&ツァオが円満にご引退、
その後に続いていた五輪銀、2010ワールド優勝のパン&トンも今シーズン後引退を
考えていたそうですがシーズン通しての成績、2011ワールドの3位という結果を受け
考えを改め現役続行、ソチを目指すそうです。


トリノ五輪2位・バンクーバー五輪5位のジャン&ジャンですが今シーズンは男性の
ケガによりすべての試合を欠場、アサインを見る限り復活してくるみたいですね、良かった。

若手も出てきております、ユエ・ジャン&レイ・ワンはワールド13位 2011ワールド FP
Huibo DONG / Yiming WU 2011ワールド FP
Xiaoyu YU /Yang JIN

世界ジュニア二連覇のウェイジン・スイ&ツォン・ハンは特に注目されている
ペアです、ポテンシャルが凄い!女性がまだ15歳なのですが来シーズンは
もうワールドに出場できる年齢になるかな。恐ろしい子・・・2011SA FP

日本の大事なペア、高橋&トランですが順調に成長中、シニアの
グランプリシリーズでもメダルを獲得し初ワールドも9位という結果でした。
トラン君の国籍の問題もあり五輪には出場出来ないのですが、お互い相性が
良いみたいですし、世戦には出れるし、五輪にこだわらなければこのままでも
良いかもしれませんね。当人たちがこれから考えていくことですが。

随分早いスピードで成長したなぁ、シニアの滑りが出来るようになってきてると
思います。高橋さんのキャラが良いですね!二人を見てると和みます。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。