FC2ブログ

2011 世界選手権 男子シングル FP

2011世界選手権リザルトページ

一位 チャン選手

いやはや御見それいたしました、守りに入ることもなく4Tと3Lzを二回
綺麗に入れましたね。また構成点の項目の中に満点がちらほら・・・。
去年から持ち越しのプログラムで前は音楽表現なんて感じられない
つまらないプログラムだったのがここまで変わるものなんですね。
こんなに流れのある3Lz+1Lo+3S見たことない、最後のステップまで
スピードの落ちないスタミナも恐ろしい。彼のスケートは摩擦係数ゼロ
なんじゃないかってくらい、むしろちょっと浮いてるんじゃないの?
プルシェンコの見ている前で新たな四回転時代の到来を見せつけました。

二位 小塚選手

素晴らしい!本当にすごい!こんなに綺麗に4Tが決まったのは初めてですね、
ジャンプ一つ一つのコントロールも良かったです、プロトコルを見ると加点は
マイナスどころか0すらない美しい表でした。スピンのレベル取りこぼしも
一つもない、ここが本当に小塚選手の強い所!
技術点98.53、チャン選手以上です、これは100点台行けますね。
これからチャン選手と切磋琢磨して行ってほしいのですが 水を空けられた感は
否めません、でも技術面は劣っていないのであとは表現面を突き詰めていくだけですね、
初のワールドメダル獲得おめでとうございます!

三位 ガチくん

初出場・初メダル獲得(ロシアでは2004年のプルシェンコ以来)
まだ17歳にしてこれだけのことをやってのけました!
地元開催もありプレッシャーも相当だったと思います、おめでとう!
まだジュニア上がりでスケーティング等はまだこれからの選手だと
思うんですが彼にしては構成点が高めだったのが気になりました、まぁ地元だし
3位にはふさわしい演技内容だったので不満はないですけど。

ミーシンコーチもご満悦な様子ですね、あの準備動作から直ちに飛ぶジャンプは
プル譲り、演技のテイストまで似せることはないと思いますが・・・。
これからどんな風に成長するか、ソチ五輪のメダル争いに加わるまでに
実力をつけていってもらいたいです。

4位 ブレジナ選手

二年連続4位・・・せっかく二種類の四回転きれいに決めたのに、後半の転倒が
痛かった。勢いは全体的にあり良かったですがバテが演技に見えました、それだけ
4回転を入れるのには体力を使うということですね。彼も昨年からプログラムを持ち越してる
だけに演じこなしていました、「パリのアメリカ人」彼に合った良いプロでした。

5位 高橋選手

ナンテコッタイ!
「もう一回やり直したい」この一言に尽きます。
いやでもよくあのあとで3F+3T決まりましたよ、最後まで滑り切ったこと、
チーム高橋のアクシデントに対する対応の早さに拍手!
ソチまで続行宣言も出ました、彼もまだまだジャンプとかスピンとか
伸び白はたくさんありますからね。膝の手術とかあるので休養を取りながら
続けていって貰いたいです、お疲れ様でした。

6位 殿

やったんだね・・・また、やったんだね。

初めの3T+3Tで予感はしました、まさかとは思ったけど。
連盟の人とコーチが顔を見合わせていたのがなんとも・・・
3A+3Tでなく3A+2Tであれば9.90は稼げたはずなので三位のガチくんとの差9.36
は埋められたはずでした、バーケルコーチは泣いていいよ・・・。

2005年全日本選手権■ジャンプ規定違反。採点ミスで表彰式後に優勝取り消し、五輪逃す
2006年世界選手権■FPでジャンプの連続ジャンプの回数規定違反(飛びすぎ)
2007年世界選手権■FPでジャンプの連続ジャンプ回数規定違反 
2009年世界選手権■FPでジャンプ回数規定違反(飛びすぎ)
2010年冬季五輪■FP演技中に靴紐が切れ、演技中断で減点
2010年世界選手権■SPで全3回のジャンプがすべてシングルジャンプに FPに進めず
2010GPSスケアメ■FPで連続ジャンプ跳び過ぎ、三連続がノーカウントになり僅差で優勝を逃す
2011年世界選手権■FPで3Tを三回飛んで、3A-3Tがノーカウントになりメダルを逃す←New!

懲りないね。

7位 アモディオ選手

「シルモノ マダマダ クル」
なんで、歌詞入ってるの?って困惑しっぱなしであんまり演技が頭に入らなかったです。
モロズフ超ガッツポーズしてるし・・・
本人は日本に向けて?のサプライズらしいけど気持ちは嬉しいけど素直に良い演技
見せてくれるだけで良かったのに。減点が無いのはジャッジの人が多数決で決めるそうです、
今回は減点なしのジャッジの人数が多かったようです、なにそれ。

8位 ジュベール選手

痛そう・・・、中盤のスピンでブレードを持った際に手を切ってしまいました。
ジャンプの際には拳をギュッと握らないといけないので出血が止まらないですよね。
世界選手権には必ず良い演技をしてきますそこのあたりベテランとして凄いです、
清々しいまでにスピン・ステップのレベルはまったく取れてません、ジャンプだけ。
でも良演技でした、そして毎回余るフィニッシュのガッツポーズタイム。
フリーは全体の4位で4回転も決まったんですが若手が4回転をフリーで二回とか
決めている中4回転ジャンパーとしての活躍は見られなかったですねぇ。
彼にしては珍しく芋っぽくない綺麗な衣装でした、こういうのもいいじゃない。

今大会は若手が1~4位を占めました、各国の若手が実力をつけ始めています、
ベテラン選手も活躍して頂きたいのですがこの結果を見ると世代交代を感じざるをえないです。
高橋選手はソチまで続けるようですが、ジュベールさんは来年のフランスの世選でどうなるか
というとこですね。ベルネル選手も近年結果が出ません、ワールドで4位とった時の勢いは
どこへ行ってしまったの・・・。アメリカのバンクーバー代表組も動向が気になります、
アボは続けてくれるよね?

あぁ、なんかハプニングがたくさんあったり、点数に驚いたりいろんなことがありすぎた
男子シングルでした、面白かった!



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。