FC2ブログ

四大陸選手権 競技終了

オリンピック前の最後の大きな大会が終わりましたね、
次に代表選手の演技を見るのはついにオリンピック本番!
女子最終結果
1 Mao ASADA JPN   183.96
2 Akiko SUZUKI JPN  173.72
3 Caroline ZHANG USA 160.78
4 Amanda DOBBS USA 158.23
5 Haruka IMAI JPN    155.29


祝トリプルアクセル二回認定!

やりました、オリンピック前に大きな収穫ですね。
細かいミスが少しありましたがスピン・スパイラルでレベル4
も揃えられるようになりました、真央さんは取りこぼしが多かっただけに
これは素晴らしい進歩です!ステップレベル2ですか、彼女はステップの
エッジがたまに浅くなってしまうことがあるのでステップをきっちり
踏んでいないと見なされてしまうようです。技術点のみなら今季のヨナさんのベスト
を超えました。でもこちらのPCSも少し下がりました、少しプログラム
に余裕を持たせたから?それでもつなぎは詰まってますし表情も良くなって
いるのに。表現力が、表情が・・・などと言われがちですが今季は
そこが改善されたと思います。なにも感情をオーバーに顔に出す(顔芸)
ような事はフィギュアに必要はないと思うんですが真央さんの場合は
不安な顔をして滑るのは注意した方がいいのではと思っていました。
今季はショートは自然な笑顔が出るようになりましたし、フリーも
いままで見たこともないような荒々しく猛々しい表情を見せるように
なりました、こんな顔する真央さんを見る日が来るなんて!
課題を徐々にクリアしオリンピックに向け着実に準備出来てます。

あっこさん、順位は落としましたがさすがの安定感。

ループがすっぽ抜けてしまいましたがそれ以外は完璧!
後半コンビネーションのリカバリーもしっかりしてます。
目標の180点台には届きませんでしたが取りこぼしをしないという
目標はきっちりクリア、PCSは実力を残してるのに伸び悩んでますね、
やっぱりつなぎが薄いからかな、そこの改善も必要ですね。

三位ジャン復活



すべてのジャンプをそつなく決めることが出来ました、
全米では落ち込んでましたからここで決められてよかったですね。
見事三位入賞です。

アマンダさん調子いいですね、ほんとアメリカは若手が次々出てくる。
転倒一つでまとめました。



今井さん、サルコウが抜けただけですね。あとは良かった、
スケーティングスキルで7点台を付けた審判がいる!
シニアデビュー戦を堂々と飾りました、来季はGPS参戦するかな?

男子最終結果
1 Adam RIPPON USA    225.78
2 Tatsuki MACHIDA JPN  217.48
3 Kevin REYNOLDS CAN  212.99
4 Brandon MROZ USA    212.68
5 Ryan BRADLEY USA   212.19


一位リッポン 完璧な演技で七位から大きく順位を上げました
ジュニア王者の貫録を見せました。

二位町田君 こちらも完璧です、成長しましたねー。
シニア初参戦で表彰台のチャンスを見事にものにしました。
おめでとう!

三位 レイチェル・フラットのお兄さん(え

ショートで圧倒的な点数を叩き出したケビン!
フリー八位て・・・全加ではあんなに素晴らしかったのに、
それでもギリギリ三位入賞です。クワドキングで素晴らしい
ジャンプを持っているだけに地元オリンピックを逃してしまったのは
悔しい!是非代表になって欲しかったなー。これからもっと
実力をつけ4年後にはメダル候補になって欲しいです。

四位ムロズさん ジャンプが全体的に危なっかしかったけど
基礎点の高さでまぁまぁの得点、この人も4年後が楽しみです。

五位ライアンさん 四回転を積極的に取り入れてますね、しかも安定してる。
フリーで爆発力があるだけにショートの出遅れが惜しまれます。

ペアでも日本代表高橋・トラン組が五位入賞!
フリーの技術点は全体の二位ですよ、確実に実力をつけてます。
世界ジュニアが楽しみです、おめでとう!
一位のジャンジャン組も今季は調子悪かったですけどオリンピック前に
しっかり立て直してきました、若くしてオリンピックメダリストになり
プレッシャーもあるでしょうが根性のある組ですから、
また良い演技を見せてほしいです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。