2013 夏アニメ 感想

『進撃の巨人』
人気漫画のアニメ化ということで注目されていましたが内容や作画も
期待に応えるものだったと思います。あの原作の不気味な雰囲気がありつつ
カッコよくデフォルメされてますね、立体起動とか気合入りまくりで
アニメーターに死人が出てそう。

登場人物もそれぞれに愛着が湧いたのですが結構容赦なく死んでしまうんですよね、
リヴァイ班とか一人残らずあんなにあっさり…自分が作者だったらもったいなくて
殺せない。けどこの容赦のなさがこの世界の残酷さ感じさせます。

謎が多い巨人の設定でいろいろと探りながら物語を進めていく感じが見る人にも
受けていましたね。私は原作見てない組だったので展開に驚かされ引き込まれて
いきました。また原作がある程度溜まれば二期がある感じかな、
「Linked Horizon」もいい仕事してました。

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』
ロボアニメがいくつか並んでいましたが一番動いていたような気がする。
メカのそれぞれの特性や役割がはっきりしていて戦闘シーンが魅力的でした。
5人のチームを中心にそれぞれの心情や関係性を話数をかけて丁寧に
描いている印象があり良かったですがそれだけに物語が動き出すのが遅かったように
思います、初めはちょっと単調であまりどんな話か覚えていない…。
けれど笑いとシリアスと感動の割合が良かったように思います。

『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』
一期も見て良い癒しアニメだと思いましたが二期やるとは思わんかった。
なんてことないけどどこかほっこりする空気感は健在で安心して見れる
感じはありました。全体的に( ;∀;)イイハナシダナー

『Free!』
ホモアニメだとか騒がれてたけど終わってみれば面白いホモアニメでした。
凛ちゃんがめんどくさい女みたいで遥と一緒に物語の原動になっていて
その他が賑やかしになっていた印象、女の子がキャッキャウフフしてるのと
同じようなノリで男がイチャイチャしてたのでそこには違和感を感じました。

でも爽やかスポーツものとほのぼのが合わさった感じはよかったです。
凛ちゃんにはずっと不貞腐れててほしというか曇ってて欲しいなと思いました、
そのほうが面白い、あと玲ちゃんファンとしては最後玲ちゃんかわいそう、
最後まで蚊帳の外だったのでもう少しみんなとの絆を深めて欲しかった。
ED曲は京アニお得意のダンスと声優ユニットが当たり良かったです。
人気があったみたいなので二期があるかな、see you next summer てありましたよね。

『ローゼンメイデン』
原作に近い絵柄になりました、もう一期が十年前なんですね。私を深夜アニメの世界に引きずり
込んだ思い出深い作品です。あの頃は「あー、早く銀ちゃんディスプレイ画面から出てこないかなー」
ってそそればっかり思ってたな、ゴスロリ少女のイラストもよく描いてました。

昔の作品ということもあり一期を知らない人たちがいるのは軽くショックでした、
そのせいかネット上で盛り上がりもあまりなかったですかね、コアなファンは喜んでましたが。

前の一期と二期はほぼアニメオリジナルの内容でしたが、今回は主に原作ベース、
ヤングジャンプの漫画版に沿ったシナリオですね。大人ジュンが中心となっていますが
真紅がジュンの成長を見守る感じはずっと変わらないですね、包容力と少女らしさの
ギャップがとても魅力的です。

とにかくドール達の声優陣が変わらずに総出演してくれたのは感動物です、もう活動してない
人もいるのにありがたいですね。雛苺だけ出番が少なかったのが不満ですがドールがたくさん
動いてしゃべってくれて満足です、アリプロも変わらずローゼンの世界に合った楽曲を
提供してくれました。

ヤンジャン原作が完結したらまたアニメ化して頂きたいですね。

『恋愛ラボ』
単純にノリがいいアニメだったので楽しく見ることができました。
みんな表情がコロコロ変わるし掛け合いもテンポよくサクサク進んでいったので
毎週安定していました。

『戦姫絶唱シンフォギアG』
一期から変わらぬマジキチアニメっぷりは変わらず、ツッコミ所満載です。
こういうアニメはニコニコとかでみんなでギャーギャー言いながら見るのが
いいですね。至ってシリアスな話のはずなのに唐突にシュールな笑いを入れてきています、
一期で味をしめたのだろうか。登場人物が増えキャラソンも多くなりました、
「不死鳥のフランメ」よかったですけど一話目だけの掴みだったのか…

『サーバント×サービス』
なんか一話切り出来なくてもうちょっと見てみようとか思ってたら惰性で
見続けてしまった。ほのぼのモノかなとか思ってたらだんだん恋愛色が強くなって
ぬいぐるみ部長とかちょっと受け付けない要素が出てきて辟易としました。

最終的になんで勝ち組公務員のイチャラブ見せつけられにゃならんのだという結論に。

『空の境界』
映画版のCMとか好みな声優陣に惹かれちょっと見てみたけど、これ時系列が色々
複雑なんですね、それをアニメに短縮してるものだからちょっとよくわからないことに
なりました。

『きんいろモザイク』
女の子の日常アニメ多すぎィ!!
そんな中で一番脈絡がなくてきんモザちゃんkawaii!だけでやってたアニメでした。
まぁ4コマ原作なんてだいたいこんなんでいいんですよ。

『げんしけん二代目』
げんしけんの存在は知ってたけど一期とか原作はまったく見ていなかったので
前作との雰囲気や面白さの比較はできませんが私は楽しめました。
どの大学もサークル棟はあんなんなのかなと思いつつ結構リアルな舞台設定に関心
していましたが登場人物や人物関係はだいぶファンタジー入ってますね。
これに憧れてオタサーとか入ってたらどうなってたんだろう。

よくあるステレオタイプなオタクの描き方とは微妙に違う感じがあったし
女ヲタの表現が良かったです、結構恋愛してたけど若さがしっかり描かれてました。
EDの「アオクユレテイル」はとても良い、CD買うわ。

『ファンタジスタドール』
ヘイッヘイッ
よくわからないけど面白かった、言い表せないのが悔しい。

『神のみぞ知るセカイ 女神篇』
前作からだいぶ間が空いたな、アニメ組としては描かれてない女の子の攻略が
あったので唐突に新しい設定で話が始まった感があってちょっと疑問がありました。
前作に比べると面白さはそんなになかったかも、好きなエルシィの出番もほぼ無かったし、
神兄様のキャラは好きですけどね。

『銀の匙 Silver Spoon』
ノイタミ枠、漫画が好評なのは知っているけどもうアニメ化?
とにかくご飯が美味しそう、でもやはり命の尊さは必ずついてまわります。
正直説教臭いなと思ったりしたけど忘れちゃいけない大切な部分ですね。
色々悩みながらも行動ができる主人公はいいものだ。

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』
とてもオタクという生き物をわかっていらっしゃるんだなと感じました。
でもこの悲しいまでの性を笑えるか笑えないか、私は時々目を背けたくなる
話もありました、それも含めてすごく面白かったですけどね。

あと橘田いずみさんの演技力に引き込まれたって方も多いのではないでしょうか。
またやってほしいな。
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。