2013 春アニメ 感想

『断裁分離のクライムエッジ』
終わり方はなんだかぶん投げた感じで正直何がしたかったんだと思いましたが
ネタアニメと割り切れば良い変態さんがいっぱい出てくるアニメで期待以上に楽しめました、

設定とかバトルシーンもそこそこ良かったと思うけど二期が見たいかというとうーん・・・
髪の女王を巡っての争いがもっと盛り上がってもっとバトルな展開になったら面白いかも。

主人公の切君役の花江夏樹君は電撃大賞のパーソナリティになりましたが
初めはなんかこんな好青年な子に務まるのかな?と思っていましたが
意外に素性がド変態であっという間に馴染んできました、本人も役とリンクしていますね。

『はたらく魔王さま!』
第一話からカツドゥーンで心を掴まれました、基本ギャグなんだけど変に律儀というか、
人間界に順応した真面目でひたむきな真奥と芦屋がとても愛おしく感じます。

遊佐やちーちゃんとの掛け合いも微笑ましい日常のワンシーンといった感じでバトル分よりは
こっちにメインを置いて見るものですね、あのマッチョな魔王様がスパイスにもなっていますが。
OPの栗の子も良い、話の内容と相まって明日からの仕事も頑張ろうって気持ちになれました。

原作はまだまだ話があるのでアニメはこの話で終わり?的な疑問がありましたが、一期の話としては
傘の出会いに始まって傘に終わるという綺麗な締め方で良かったのではと思いました。
二期に期待したい作品です。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
タイトルからまた下らないハーレムアニメかなぁと思っていたけれど思いのほか自分の好みな話でした。
ヤレヤレ系主人公は数多くいるけど最終的にやる気があったり熱くなるキャラが大半、
そんな中でヒッキーは違いましたね、あの何にも期待してない感じやぼっちとして飄々と生きる術を
心得ている感じがリアルでした。

しがらみを感じている登場人物を奉仕部が解放していくような話の流れでしたが、最後の相模は
むかつくキャラだったので「ざまぁw」と思ってしまいましたね、でも悪者にまでなって相模に
自分のしたことを諭すヒッキーイケメン過ぎ。ゆきのんとガハマさんとの距離感も良い感じで
この三人の部を見守っていたい感じがしました、結構駆け足で進んだ感じがしたのでゆっくりと
一話一話ゆったり見たいなと思いました。

『革命機ヴァルヴレイヴ』
登場人物がナチュラルに狂っていた感じ、全員その場のノリで行動してる感が凄まじいです。
ハルトのレイプ病とかショーコの奇行とか「安らかに」とかツッコミ所満載で真面目に見てたら
やりきれない部分が多々ありました、なのでネタアニメと思って見るのが一番です。

学生がロボに乗って帝国作ってとかギアスっぽいお話を狙ってたのかな、OPは素晴らしい
コラボを実現させてくれたしEDもアンジェラとELISA共々良い音楽でした。ロボもかっこ良く
作りは丁寧でしたね。本来連続2クールでやる作品だったようですが二期として10月にまた
やるみたいですね、ロボとパイロットが出揃ってこれからって時なので2クール目の方が
面白そうです。アキラちゃんの活躍が見たい。

『変態王子と笑わない猫。』
横寺が変態というよりはただのエロ坊主だったような、ドタバタラブコメディかと思いきや
筒隠家の家族の物語に落ち着き綺麗な終わり方をしました。ただ物語がよーく見ていないと
現実世界なのか願いの世界なのかが入り混じってよく分からなくなったのがめんどくさかった。

しかしロリ鋼鉄さんの声可愛すぎ、ゆかりんあんな声もまだ出せるんだ。ゆいかおり共々
良い演技していたと思います。


『惡の華』
実写の映像を二次元化するというロトスコープの手法で作られたアニメ。
普通のアニメ絵ではお話の内容的に軽すぎる感じがします、けれど実写だと生々し過ぎる
そんなことでこの手法が採用されたようです、確かにあの不気味さは独特のもので良い
演出方法でした。

他にあるようなデフォルメされた微笑ましい厨二病ではなくて等身大の中学生の悩みと痛さが
結構な精神ダメージを与える作品でしたね。自分の居場所はここじゃないとか、本当の自分じゃない
とか身に覚えがあるから凄く目をそらしたい感じでした。

OPとEDもブッ飛んだ曲でした、OPの4部に分かれている感じはキャラクターの心情に
合わせていて面白かった、時々口ずさみたくなります。クソムシ ゴミクズ こんにちは♪


『よんでますよ、アザゼルさん。Z』
楽な気持ちで見ることができるギャグアニメ、アザゼルさんの微笑ましいクズっぷりが良いですね。
中の人との親和性が異常に高くてキャスト陣も楽しそうなのが伝わって来ました。
一期は見てなかったのですがとても好きになりました、細々と続いていって欲しいなぁ。

『波打際のむろみさん』
こちらもとてもテンポが良い、キャラクターも活き活きしてウザくても憎めないような
良さがありました。声優さんは西日本出身者で固めたようですね、本当は九州に限定
したかったとか。ゆかりんの博多弁最高でした、いろんなキャラを演じてきた彼女ですが
個人的に一番好きなのがこういうかしましいキャラを演じている時のゆかりんですね。
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。