女子FS得点を考える

今大会は若干得点がインフレ気味の大会でした、
回転不足・エッジエラーもあまりとられることも
なかったように思います、しかし上位に入った選手は
ほとんどがノーミスの演技をしていて中々白熱した
レベルの高い大会でしたね、見る側としても嬉しそうな
選手をたくさん見る事ができ、楽しかったです。

その中で後味が悪く残ってしまったのは得点に関する
不可解な点が多かったからでしょう、このことは
色々なところで騒がれています。もちろんこのような
動きが出ていることもISUは分かってきていると
思うのでまたソチまでの四年間ルール改正が行われ、
フィギュアがより良い状況へ向かえばいいなと
思っています。

まぁ不可解に思った点についてですが一言では
言い尽くせない位の不満なので一つずつ見て
自分なりに考えてみました。
過ぎた結果にたらればを言っても仕方ないのですが
少しこの結果を考えていただきたいと思います。
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。