2013 世界選手権 女子FS

「春の女子高難度ジャンプ大感謝祭」

そんな感じの大会でございました、いやなんてレベルの高い大会なんだ。
勢いのいある若い選手が多くなったのもありますがシニアのベテランも
レベルの違いを見せつけてくれてとても良い相乗効果だなと思います。

FSで100点代に乗っているのが15人もいるというのがすごいことです。

今回の結果で主な国の五輪枠は

3枠が 韓国・日本・アメリカ
2枠が イタリア・カナダ・ロシア・中国

となりました。日本は安心の三枠、何よりアメリカが久々に三枠取れたのが
喜ばしいです!これで熾烈な代表争いも少しは緩和されるかな?
代表争いで大変なのがロシアです、二枠かぁ・・・来季は血を見るかもしれんね・・・
そしてイタリア、どうなるかと心配でしたがマルケイさん良かったね。

他の国ではスェーデンが1枠だったのがちょっと残念、ヘルゲション姉妹の五輪出場
見たかったです、あとはウクライナのポポワさん、スロバキアのモニカさんが
良い演技をして枠を取れたのが喜ばしいです。

来季もこのレベルの高さが続き、ものすごい五輪になるといいですねぇ。
2013 世界選手権 リザルトページ
スポンサーサイト

2013 世界選手権 男子FS

男子シングルはPチャンの三連覇というものすごい結果で終わりましたが
それ以上にデニス・テン選手のダークホース的な活躍や若手の元気いっぱいな
4回転が飛び交っていた印象強かった大会でした、

と思ったら最後の最後でファビーが全部持っていった・・・


残念ながら日本男子の4年連続メダル獲得はならなかったものの
きちんと三枠を勝ち取ってくれました。

三枠の国は後カナダ、二枠の国は カザフスタン・スペイン・アメリカ・フランス・チェコ
となりました、ロシア一枠orz・・・中国もちょっと残念。

2013 世界選手権 リザルトページ

2013 世界選手権 女子SP

女子は各国の若手が続々ですし、復帰してきた選手もいるのでようやく役者が
揃ってきた感じがあります、五輪に向け良い雰囲気ですね。
そんななかで実力者のコルピさんの不出場は残念でした、二年連続でスキップに
なってしまいましたね、そしてフィンランド代表のトゥッキラちゃんがSP予選落ち
してしまったのでネーベルホルンから五輪を目指さなくてはなりません、
怪我を直して頑張って復帰してもらいたいです。

2013 世界選手権 リザルトページ

2013世界選手権 男子SP

カナダのロンドンで行われる今年の世界選手権、
プレオリンピックシーズンということで五輪枠のかかる大会になります。
日本男子はあまり心配はしていないのですが一番心配なのはロシア男子です、
今回はコフトン選手一人に任されたのですがSP後彼は19位・・・
二枠以上には10位以内に入る必要があるのですが、地元五輪なのにどうするんだろう。

それと米男子も気になります、役者が多いだけに是非三枠欲しいとこ、けれど
マイナー君とアーロン君の今の順位では厳しそうです・・・
いつも以上に順位という数字に敏感になるワールドですね、みんな一つでも上を狙います。

2013 世界選手権 リザルトページ

2012 世界選手権 女子シングル 

女子シングル最終結果

1 Carolina KOSTNER ITA 189.94
2 Alena LEONOVA RUS 184.28
3 Akiko SUZUKI JPN 180.68
4 Ashley WAGNER USA 176.77
5 Kanako MURAKAMI JPN 175.41
6 Mao ASADA JPN 164.52
7 Kexin ZHANG CHN 157.57
8 Valentina MARCHEI ITA 150.10
9 Ksenia MAKAROVA RUS 149.48
10 Elene GEDEVANISHVILI GEO 149.20
11 Viktoria HELGESSON SWE 148.54
12 Yretha SILETE FRA 148.18
13 Elena GLEBOVA EST 144.28
14 Jenna MCCORKELL GBR 143.84


今回は初の金メダルと銀・銅が初表彰台というなかなか新鮮な顔ぶれ
だったと思います、上位の人はステップで手拍子をもらったり、観客をの心を
引き込んだ選手が高い評価をもらっているなぁという感じでした。

その一方で男子と比べるとノーミス演技が少なかったのと、大技を跳ぶ選手が
居なく、絶対王者という存在も居ないように思えました。
セカンドトリプルは普及してきているものの、高難度なルッツ・フリップから飛ぶ選手は
ショートでのゲデ子のみ。

上位でルッツを組み込んで、エラー無しで飛んだ選手は鈴木選手のみでした。
演技の要素の質や音楽表現が重視される近年では仕方のないことですが
でかいジャンプが大好きな身からすればちょっと物足りなくも感じました。

2012 世界選手権 リザルトページ
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。